年末年始のカクテル 2020から2021

 年末年始のカクテルは、年明け週末のカクテルシリーズと一緒にアップしようと思っていましたが、その機会がほとんど訪れなかったので、1月も半ばになってからの久しぶりのアップになります。
 12月中の週末はカクテル無しの月間でしたが、さすがに年末年始には飲みました。少しですが。恒例の紅白歌合戦をみながら家飲みです。

Cocktail1474  昨年に引き続き、デパートのおせちを購入。ビールでスタートして、日本食に合うカクテルでチョイスしたのがタンカレーソーダ割り。写真はおせちをバックに。
 和食に合わせるとなると、ショートカクテルでは難しい。ウイスキーは少し違うかな?という感じ。でも薬草系のフェルネットブランカあたりだと味が濃すぎます。やっぱり和食の味を生かして、となるとジンのソーダ割りあたりでしょう。ジントニックは甘過ぎです。

 2杯目は、やっぱり飲みたくなる薬草系リキュールでフェルネットブランカソーダ割りを。締めはウイスキーに変えてデュワーズホワイトラベルソーダ割りにしました。

 年も明けて2021年、コロナ感染者の急増から緊急事態宣言へ。こうなると、なかなか飲む機会も無くなります。家飲みが増えた方もいるようですが、こちらは逆にめっきり減ったので、週末のカクテルも年始からお休みです。いつごろ復活するか・・・ですね。

 

| | コメント (0)

週末のカクテル418

 11月28日の土曜日、なじみの居酒屋へ。帰ってから家飲みです。

Cocktail1473  定番コースでフェルネットブランカソーダ割りからタンカレーソーダ割りを。連れはシーバス12年水割りです。締めはこちらもウイスキーに変えて、バランタイン17年水割りを。

 コロナ第3派で、飲食店は時短営業が再び始まりました。もともと会合で飲みに出かけることはしていませんので、自分にはあまり影響はないのですが、飲食店はこの先どうなるのか・・・厳しいですね。

| | コメント (0)

週末のカクテル417

 11月14日の土曜日、おそらく最後?の ポイント付与のGo To イートで某所のランチを予約。ランチといっても昼のみで日本酒を飲むところです。
 かなり日本酒を飲んできたのですが、そこはそれで、帰ってから家飲みです。

Cacktail1472  この日は定番コースでフェルネットブランカソーダ割りから。日本酒後に、何故か薬草系のリキュールが飲みたくなります。2杯目はタンカレーソーダ割りを。締めは通常ウイスキーに変えたりするところですが、最初に戻り、フェルネットブランカソーダ割りでこの日はおしまいです。

 Go To 延長論も出てき出しましたが、はたしてどうなりますか。既にコロナ第3波で感染者は過去最大ペース。医師会会長は「コロナ感染拡大はGo To がきっかけ」と言っていますしね。「秋の我慢の3連休」がはじまります。

| | コメント (0)

Shot Bar Roost

カクテルのお店 その293です。

 福島県の2店目はShot Bar Roostです。バーテンダーはHIDEAKI KANAZAWAさん。名刺交換させていただいたのですが、アルファベット表記しかないので、そのままです。

Cacktail1471   ここでいただいたのは、ギムレットです。普通なら、この後もう1杯・・・というところですが、この日は、Go To トラベルで地元で使える商品券があり、これを使って居酒屋へ。その後、バーへ2店目なので、この1杯限りにしました。
 事前のリサーチもここまで。なるべく早い時間にオープンするバーということで、今回の福島シリーズ、いわき編はここまでです。

 福島と言えば、新幹線は郡山。訳あって郡山からいわきへの移動でしたが、磐越東線、1時間に1本。それはままあることですが、電車の他にバス便もありました。線路が通っているのにバスを走らせることもないと思うのですが、これもいろいろと事象があるのでしょうね。

| | コメント (0)

REVOLBAR

カクテルのお店 その292です。

 先週、福島県いわき市に行ってきたのですが、その時のバーです。おそらく福島県は初登場かと・・・いろいろと忙しかったので、少し遅れてのアップになります。

Cacktail1470  最初のお店は、REVOLBAR」(リボルバー)です。バーテンダーは 柴野直紀 さん。HPによると、店内の内装は老舗のオーセンティックバーから引き継いだものとのこと。なかなか良い感じです。しっぽりと飲んでいたいところですが、他のお店もリサーチしていたので、ここでは1杯のみ。マティーニをいただきました。

 ジンはゴードンでベルモットはシャンベリーとうかがいました。ボトルは見てのとおり緑色。ゴードングリーンボトルで、ネットによると度数37.5度、低めのライトなジンで現地向け。現地で仕入れたとうかがいました。また、シャンベリーは写っていませんが、おそらくドランあたりではないかと思います。ちょと記憶無いです。

 飲みやすい感じに仕上がっているので、どなたにもお勧めできるマティーニかと。通常、ゴードンだとガツンとくるジンというイメージですが、こちらはかなりライト。我が家では、ボトルが新しく変わってから買っていません。47度から度数が下がったのと、味もかなり変わったので。旧ボトルが少し残っているのですが、これがなくなったら新ボトルをかうかどうか、悩ましいところです。

 次は福島2店目へ。

 

| | コメント (0)

Mixology Heritage

カクテルのお店 その291です。

 銀座の新しいーバーMixology Heritageです(リンクはFB)。チーフバーテンダーは伊藤 学 さん。ブログでは以前、Ne Plus Ultla 六本木店で紹介しました。その後、南雲さんのミクソロジーグループに移籍して、GINZA SIXのMixology Salonへ。こちらもブログアップしています。
 今回は、9月10日にオープンした新しいミクソロジーグループのバーでチーフをされているとのことでうかがいました。また、バーテンダーの沼尻 啓志 さんにも挨拶。沼尻さんは、Ne Plus Ultra 銀座店からの移籍です。何度かお世話になっています。

Cocktail1469  ここではクラシックカクテルをいただくことになります。最近気になっていたサッポロをいただきました。サッポロのBARやまざき、オーナーの山崎達郎さんオリジナルカクテルです。伊藤さんは山崎さんの孫弟子だそうです。レシピはウォッカ30ml,アマレット30ml,ドライベルモット15ml,シャルトリューズ・ヴェール15mlをステア。度数の高いリキュールを使うのですが、オリジナルは飲みやすく仕上がるのは何故か?その答えは氷にあるとのこと。製氷機の氷を使うので適度に水がアルコールをのばすそうです。水で薄まるという表現の方がわかりやすいのですが、アメリカンスタイルのカクテルと言ってましたね。日本ではカクテルは水っぽくならないようにカチカチの氷を使うのが一般的。なるほどと・・・と思いました。アマレット、シャルとリューズは我が家にもあるので今度はホームカクテルで作ってみよう!

 この日は、この1杯のみ。今度はじっくりと飲んでみたいですね。他のクラシックカクテルを。

| | コメント (0)

週末のカクテル416

 1週間振りにアップします。先週もお酒は飲んでましたが、なかなか忙しくて・・・

Cocktail1468  10月最後の週末、31日土曜日は、最近よく行く地元の居酒屋へ。帰ってから家飲みです。最初の1杯はショートカクテルで連れと一緒にマンハッタンを。ノイリーのボトルは重いです。1000mlですからね・・・まだぜんぜん減っていないし(笑。

 2杯目は定番コースでフェルネットブランカソーダ割りから、タンカレーソーダ割りを。この日はこれでおしましいです。

 しばらく、銀座に行っていないので、そろそろ行かないといけませんね。
 ところで、今年のふるさと納税も、きっちり10団体ほど実行しました。例によって、秩父市にも。イチローズモルトがあるので。以前はスコッチウイスキーもあったのですが、最近は国の指導が厳しくなって、地場産品でないといけないルールになりました。ウイスキーはジャパニーズに限定されます。

| | コメント (0)

BAR ALTAIR

カクテルのお店 その290です。

仙台の3店目はBAR ALTAIR(バーアルタイル)です(リンクはみやラボ!)。こちらもHBAの東北支部ホームページに店名があったので、この日最後のお店として訪問。

Cocktail1466  まず、最初の1杯はB&Bを。ロックでじっくりと飲むには良いカクテルです。店長はさん。経歴は詳しく知りませんが、かなり経験を積まれた年配のバーテンダーです。経歴は詳しく知りませんが、かなり経験を積まれた年配のバーテンダーです。いろいろと事情通のようで、少し話をさせていただきました。また、女性バーテンダーで半沢夢話 さんにも挨拶。キラキラネームですね。本当に本名?これからは女性の時代ですから活躍を祈念します。

Cocktail1467  ここで最後なので、締めの1杯を。ボンベイサファイアソーダ割りをいただきました。タンカレーを仕入れる前はボンベイサファイアでしたが、久しぶりに飲んでま、また仕入れてみたくなりました。ここも、もう少しじっくりと飲んでみたいお店でした。また来よう。

| | コメント (0)

Main Bar OAK Room

カクテルのお店 その289です。

 仙台のバー2店目は、Main Bar OAK Roomです(リンクはバーナビ)。オーナーバーテンダーは菊池健さん。HBAの東北支部長です。事前のリサーチでHBA東北支部をチェックしていたので、こちらのお店を2店目にしました。

Cocktail1465  こちらでいただいたのはギムレットです。こちらでは、この1杯のみ。3店目に予定している店に行くとなると、あまり飲めません。1杯で帰るのは失礼と思いますが、それは知りたるところで。

 写真で見るとおり、ライティングも店の感じも良いお店です。もちろん、味もバッチリです。
 もう少しゆっくりとしたいところではありましたが、次の店へ。

 

| | コメント (0)

SKY BAR J-Lounge

カクテルのお店 その288です。

 今回は仙台シリーズで、まずはホテルバー。ホテルJALシティ仙台の最上階、SKY BAR J-Loungeです。ハッピーアワーのサービスタイムがあるので早めに行くと良いでしょう。

Cocktail1462  日航系のホテルでは、最近はご無沙汰していますが川崎日航ホテルのバー「夜間飛行」にはよく行っていました。オークラホテルと日航ホテルのOne Harmonyメンバーですが、割引サービスもあります。

  バーテンダーは、マネージャーの佐久間功児 さん。まず、いただいたのはマティーニ から。タンカレーとノイリーです。よくあるレシピです。最近、我が家ではドランのシャンベリーですが、その前はノイリーを使っていました。

 2杯目は、アブサン を。色は緑系ではなく茶色ですが、加水すると白泥します。アブサンも久しぶりに飲みましたが、また買いたくなる1本ですね。マリアンヌあたりが飲みたくなってきました。Cocktail1463

 ハッピータイムでおつまみ付きですが、ピザをいただき、締めの1杯は地物とのクラフトジン、いただくことに。普段ならソーダ割りにするところですが、テイスティンググラスでまずはストレートの味見。その後、トニックウォーターを加えながら飲んでみました。仙台ではどのバーでもカウンターに置いてあるボトルとうかがいました。おすすめのジンですね。

 その後は地Cocktail1464元のバージ事情を聞いて、次のお店へ。HBAの東北支部長のお店です。10年前の支部長は岩手、バー北上の伊藤さんでしたね・・・

 なお、コロナ禍で以前紹介した仙台の店舗、2店舗が閉店されたようです。

| | コメント (0)

週末のカクテル415

 10月10日の土曜日、台風14号の接近情報で外出は控えて家飲みでスタートです。最初はビールから。「まずはビール」の世代なのでスタートはいつもビール。連れはスタートから日本酒です。こちらもいつもどおり純米吟醸で。

Cocktail1461  続いてカクテルはマンハッタンから。最近仕入れたノイリープラッドのスイートベルモット。容量が1000mlなので、いつも買うかどうか迷ってしまう分量ですが、思い切って買うことにしました。マンハッタンが飲みたいので。ベースのウイスキーはオールドオーバーホルト。ビターズはアンゴスチュラビターズです。マラスキーノチェリーは切らしていました。少し残念。
 マンハッタンで使うスイートベルモットは15ml。毎週1杯飲んでも1年で使い切りません。1年3カ月以上かかります(笑。ハーフサイズで販売していただけないものでしょうかね・・・

 2杯目は定番コースでフェルネットブランカソーダ割りから、タンカレーソーダ割りを。フェルネットブランカは、よく飲むので、こちらは1年持ちません。年に1回は補充します。

 台風は南に逸れたので、関東地方には大きな影響はありませんでした。早く秋らしい晴天になって欲しいですね。
 

| | コメント (0)

週末のカクテル414

 10月に入り最初の週末、3日の土曜日は、Go To イートキャンペーンで居酒屋を新規開拓。ぐるなび、食べログ、ホットペッパーなどのネット予約でポイントが付与される仕組み。しばらくお世話になりそうです。

Cocktail1460  いつもどおり居酒屋で夕方から飲んで、帰ってから家飲みです。最初の1杯は仕入れたばかりの電氣ブランロックから。連れはイチローズモルト水割りです。これでこちらのボトルは空きましたが、買い置きがあるので安心。締めはフェルネットブランカソーダ割りにしてこの日はおしまいです。

 最近、虫の鳴き声は蝉から鈴虫に。植物は金木犀の香りがする季節になってきました。やっとすごしやすくなってきました。

| | コメント (0)

電氣ブラン(フルボトル)

Cocktail1459  カクテルのお酒 その86で紹介した電氣ブラン。その後 電氣ブラン 復刻ラベルでとりあげましたが、それぞれ360mlのミニボトル(ハーフ)でしたが、今回はフルボトルを購入したのでアップします。

 アルコール度数は40度。他にアルコール度数30度の電氣ブランがありますが、今回のお酒は電氣ブラン<オールド>と呼ばれているもの(1,180円)。詳細は神谷バーのHPにゆずりましょう。こちらです。

 

| | コメント (0)

週末のカクテル413

 9月最後の週末、25日の土曜日は、最近よく行く居酒屋へ。帰ってから家飲みです。
 この日も定番コース、フェルネットブランカソーダ割りから。これでボトルが空きました。アマゾンで仕入れるか、都心の酒屋で買ってくるか、思案中です。買ってくるとなると銀座の信濃屋か赤坂の四方か。ポイントカードもあるし・・・

 連れはいつもどおりウイスキーでシーバスリーガル12年水割りを。こちらはその後、タンカレーソーダ割りからウイスキーへ。バランタイン17年水割りでこの日はおしまいです。シーバース派VSバランタイン派の締めとなりました。

 この日の居酒屋からの帰りは雨でしたが、週明けは天気が回復して秋晴れになるそうです。そろそろ秋らしい天気になるようですね。

| | コメント (0)

セラーバー

 カクテルのお店 その287です。久しぶりの新規開拓です。

 10年ぶりのリーガロイヤルホテル。最初はリーチバーによってから地下2階のセラーバーへ。こちらでは古澤孝之 さんからカクテルをいただきました。

Cocktail1455  最初の1杯は、マティーニを。お店で1杯目にお願いすることが多いカクテルです。レシピはジンがゴードン、ドライベルモットはセイクレッドです。セイクレッドは6年前にカクテルのお店 その203で紹介した銀座のバー耳塚でいただいて以来。当時は非売品でした。比較的当たらしいベルモットでこれでいただくマティーニは2回目です。

 ゴードンが新ボトルに変わって、味も変わりましたが、ベルモットでこれを使うと味わいの良いマティーニになるとのこと。新ボトルのゴードンにはあまり期待値高くないですが、確かにこのベルモットでいただくと美味しいです。
 マティーニと言えば今井清さんですが、今井さん引退後にたまたま今井さんのマティーニを試飲できる機会があったそうです。もちろん、飲んだことのないすばらしいカクテルだったそうですよ。

 Cocktail1456 2杯目はジントニックを。銅製マグカップで提供するのがこちらのバーの特徴だそうです。確かに他のバーでこのようなジントニックは飲んだことがないと思います。
 ところで、店内は ホテルのメインバーらしく、照明はやや暗め。スマホ2台持ちですが写真は古いスマホの方で撮っているので、映り込みがやや暗いです。また、コロナ対策の関係で、カウンターバーには隣席とはアクリルの仕切りがあります。

Cocktail1457  次いで3杯目はマンハッタンを。ベースのライウイスキーはリッテンハウス、スイートベルモットはカルパノアンティカフォーミュラ(写真はボトルのみ)。このスイートベルモットを使うお店は多いですが、ベースのライウイスキーはあまりいただいたことがないです。初めてかも?我が家ではオールドオーバーホルトですが、こちらのウイスキーはそれに比べると高級品。さすがにホテルバーですね。

Cocktail1458  締めは、ギムレットハイボールです。写真によると。ここまでくると記憶が少しなくなってきています(笑。後で写真を見て思い出しました。

落ち着いて飲めるので、一人でもお勧めのバーです。

| | コメント (0)

«リーチバー 続編