« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

バラライカ

 カクテルを飲むお店の紹介です。
 今まで、お店の紹介はやっていませんでしたが、今回からとりあげることにしました。

 まず、今回から取り上げることとになったいきさつです。
 07/5/24(木)に北海道旭川に行きました。旭川ラーメンを食べる前に、このあたりのカクテルBarで一杯飲もうと思いお店を探していたところ、世界大会で優勝した人の店があるとのこと。お店は「コウテイ」と聞き、皇帝かと思っていたのですが後から光亭ということを知りました。ただし、もうやっていないらしく、その近くにBarがあるという情報を得て店の辺りに行きました。

 道に迷いながらもこの辺りかな?というところで、繁華街によくいる客引きのおじさんに光亭の話を聞くと確かに廃業しているとのこと。(理由も聞きましたが詳しく書きません。)ただ、その師匠(?)がやっている店があるとのことで教えていただいたのが「バラライカ」 。40代くらいのマスターがいて同年代くらいだし話も合うんじゃない?と言われて行ったところ、どう見ても60歳を超えているご老体のマスターで・・・

 ところが、このご老人は知る人ぞ知る大御所で、N.B.A.(Nippon Bartenders Association)社団法人 日本バーテンダー協会の前会長 中屋健 氏だったのです。お店の紹介はいろいろなホームページ(例えばこのページ)、ブログで紹介されているでしょうからそちらを見ていただくとして、ちょっとした小道具などを紹介させていただきます。

Cocktail123 Cocktail122

 まずはお店のマッチです。どんな店に飲みに行くのか話をしているうちに、うちの店はたいていの人は知っているよ。今度飲みに行ったら話をしてみたら、とおもむろに一つ出してきて頂戴しました。また、カクテル好きで自分でもカクテルを作っていることなどを話している内に、N.B.Aの話になり、会報誌なども見せていただきました。興味が有れば本部に行ってみたらどうか、とおっしゃっていただき中屋さんの名刺も頂戴しました。ありがとうございます。

Cocktail124  これは、実はお店のメニューです。手作りです。ファイルにしてリンクを張りました。ここをクリックして見て下さい。

 左側から縦にお酒の強い順のカテゴリー。極めて強い、強い、普通、弱いなどの分類になっています。また、上段は左側へ順に甘辛度で、辛口、中口、甘口というカテゴリー分けられていて、それぞれのカテゴリーにマッチするカクテルが書かれています。話がはずんで最後にはメニューまで頂戴してとても楽しく飲むことができました。

 ちなみに、旭川 いい店情報というホームページでは、なかなか中屋さんにはお目にかかれないとのこと。初めて行って会えたのはとてもラッキーだったかもしれません。

 今回はここまで。また行きたいお店です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッソア

カクテルのお酒 その17です。

Cocktail120  パッソア の200mlボトル(714円)です。モナンのパッションフルーツ・シロップがやけにおいしかったので、パッションフルーツリキュールも買ってみようということで探していました。フルボトルは結構置いてある店が多いんですが、このサイズのボトルはなかなかありません。近くのスーパーマーケットで買いました。

 これから、パッションフルーツ系向きの季節になります。やはり、フローズンで何か作ってみたいですね。次回以降のお楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

エメラルドミスト、アリーゼブルートニック

カクテルレシピ その21です。

Recipe66

左は、エメラルドミスト (ドランブイ45、ブルーキュラソー20、 クラッシュアイス入りオールドファッションドグラス ステア)です。

カクテルのネーミングのとおり、やや緑がかかったような青色がきれいです。リキュールのドランブイがメインで飲みやすいカクテルです。

Recipe67

次は、アリーゼブルーをトニックウォータで割っただけ、アリーゼブルートニックです。やや薄い水色のようなブルーが、これから夏を迎えようとする季節には心地良い色です。アリーゼブルーだけでも飲みやすいリキュールですが、トニックウォーターを加えることででさっぱりとした味に仕上がります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グランド・パッション

カクテルレシピ その20です。

Recipe65

今回はパッションフルーツ・シロップを使ったカクテル。グランド・パッション  。(ドライジン3/11、ドライベルモット2/11、パッションフルーツシロップ4/11、レモンジュース2/11 シェーク)です。レシピはCocktail Catalog GENUINE から検索させていただきました。分量が「○分の11」表記なので全体の量が110mlということにして、カクテルグラスは150mlを用意。

お酒は入っているのですが、ノンアルコールカクテルのようにまろやかな味です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガラス瓶

合羽橋で買ったもので、未紹介のもの。

Cocktail119 普通のガラス瓶です。容量は約120mlで100円。プラスチックの中栓付き。お酒を小分けにして冷蔵庫で冷やすには便利で手頃なサイズ。しかも値段が安い!このてのガラス瓶はなかなか売っていません。お酒を冷やす ではCCレモンの空き瓶を使いましたが、こちらの方が長く保存用するには良いでしょう。

「渡会ウインド製作所」 で購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パッションフルーツ・シロップ

カクテルの副材料 その5です。
ブルーシロップに続き、モナンのシロップシリーズです。

Cocktail118 今回は、パッションフルーツ・シロップ 250ml(735円)です。
これも品川駅の「成城石井」で購入しました。 リキュールではなくシロップです。

アイスティーに入れるとひと味違ったものになります。

カクテルならグランド・パッション (ドライジン3/11、ドライベルモット2/11、パッションフルーツシロップ4/11、レモンジュース2/11 シェーク)あたりが良さそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ウォータメロン水割り、イッツア・パラマウント

カクテルレシピ その19です。

Recipe63 こちらはカクテルのお酒 その16でとりあげたマリーブリザールウォーターメロンを使ったカクテル・・・と言ってもそのまんま水割りですから、マリーブリザールウォーターメロン水割り。リキュールストレートでは甘みが強いのですが、水で割ると適度な甘さとなり、素材の味がそのまま楽しめてスッキリしたカクテルになります。

Recipe64 次は同じく「カクテルのお酒 その16」でとりあげたドランブイを使ったカクテル。イッツア・パラマウント (ドライジン30、ドランブイ15、コアントロー15、マラスキーノチェリー ステア)です。こちらもスッキリした飲み口のカクテルになります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリーブリザール ウォーターメロン、ドランブイ

カクテルのお酒 その16です。

Cocktail116  まずは、前回カクテルのお酒 その15で取り上げたマリーブリザール ウォーターメロン のフルボトル(1,130円)です。

Cocktail117  次は、ドランブイ (1,848円)です。熟成15年以上のスコットランド・モルトを中心にヒースの花の蜂蜜とハーブをブレンドしたリキュールです。

 いずれもラゾーナ川崎のビックカメラで買いました。ドランブイはとても安いと思います。京橋の某ストアーでは4千円台(さすがにこれは高すぎ)。お酒の量販専門店やインターネットでも2千円台のところがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブルーシロップ

カクテルの副材料その4です。
パシフィックカクテルを作ろうと思って探していたブルーシロップ

Cocktail115 どのシロップが良いのかわからず、本家で聞けば良いと・・・

連休中にパシフィックホテル東京の「エルベンセドール」でパシフィックカクテルをいただきながらバーテンさんに聞いたところ、ボトルを見せていただき少々ストレートで味見もさせていただきました。使っていたのはMONIN(モナン)ブルー・キュラソウ・シロップ です。

バーテンさん曰く「成城石井でハーフボトルを置いてますよ。」とのこと、翌日品川駅の成城石井で購入。250mlで735円でした。これで材料は揃ったので、次回挑戦してみましょう。本家のカクテルではチェリーと「P」型に切り取ったレモンの皮をカクテルピンで添えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒプノマティーニ、ベネディクティンカクテル、ウォータメロン・オレンジ、グリーンアラスカ

カクテルレシピ その18です。

Recipe59 カクテルのお酒 その12でとりあげたヒプノティック を使ったカクテルで、ヒプノマティーニ  (ヒプノティック45、ウォッカ15、レモンジュース少量 シェーク)です。綺麗なブルーで見た目も味も良いカクテルです。

Recipe61 次は、カクテルのお酒 その14ベネディクティンDOM を使ったカクテルでベネディクティンカクテル (マラスキーノ45、ベネディクティン15、アロマチックビター2dashes[今回はアンゴスチュラスビターズ] シェーク)。

ベネディクティンはそのままでもおいしいリキュールですが、マラスキーノベースでも結構いけます。

Recipe62 続いてこちらはカクテルのお酒 その15マリーブリザール ウォーターメロン(スイカ)を使ったカクテル。自己流でウォーターメロン・オレンジ (マリーブリザールウォータメロン40、オレンジジュース20、マラスキーノ1tsp シェーク)。このリキュールはストレートでは甘みが強いです。フルーツジュースと合わせるのが良いと思いますが、ジュースは多めの方が良いかもしれません。また、ジンと合わせるもの良いと思います。

Recipe60



今回の最後はグリーンアラスカ  (ドライジン45、シャルトリューズ(ヴェール)15 シェーク)です。とてもスッキリとした飲み口です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マリーブリザール ウォーターメロンとレモンチーニ

カクテルのお酒 その15です。

Cocktail114  今回はリキュールのミニボトル2本です。左側が、マリーブリザール ウォーターメロン 50ml (270円)。右側が、マリーブリザール レモンチーニ 50ml (270円)。

 ウォーターメロンは「スイカ」ですが、この時期あまり出回っていません。夏場になるとよくみかけるのですが、やはり季節ものということで。いろいろと探していましたがミニボトルで見つけました。

 東京駅は八重洲地下街のリカーショップリカーズハセガワ本店で買ってきました。この店は、いろいろなお酒を少量試飲できるのが良いですね。例えばシャルトリューズなど3千円程度のリキュールは思い切って買わないと、という感じになりますが100円で試飲できるのはありがたいです。試飲できるボトルには試飲の料金がシールで張ってあります。味見してから買いたい人にはお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »