« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

ホワイトラムモヒート、スイカモヒート、ミントクーラー

カクテルレシピ その51です。

Recipe124  我が家の自家製ミントは発育が良くないのでスーパーでミントの葉を買ってきてモヒートを作ることにしました。いざ作ろうとしてレシピを確認すると、ラムは「ゴールド」となっている。しかし、ホワイトラムとダークラムしかないことに気づき、仕方がないのでホワイトラムで作ってみました。ホワイトラムモヒート (ホワイトラム45、ライムジュース15、シュガーシロップ1tsp、ミントの葉 クラッシュドアイスを入れてステア)です。

Recipe125  せっかくミントの葉もあるので、これを使って次の1杯。スイカモヒート (マリブリザールウォーターメロン45、ホワイトラム15、ミントの葉 クラッシュドアイスを入れてステア)を作ってみました。少し甘口です。フレッシュのスイカを使ってみるのも良さそうです。

Recipe126  最後は、ミントクーラー (ウィスキー45、ホワイトペパーミント3dashes ソーダ適量 ミントの葉 グラスに注ぎステア)です。夏はミントの葉を使ったカクテルが良いですね。我が家ではもっぱらミントジュレップにしてしまうのですが、いろいろなバリエーションで作るのもおもしろそうです。

 今度はゴールドラムを買ってモヒートに再チャレンジします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バーグローリー 桜木町

カクテルのお店 その40です。

カクテルのお店 その33で紹介した横浜のバーBAR GLORY 大倉山 の姉妹店で、BAR GLORY 桜木町 です。

Cocktail371  チーフバーテンダーは田村誠 さん。近くで会合があって、その帰りに寄りました。私はいつもの1杯、マティーニを。大倉山と同じ、ゴードンとシャンベリーです。お店としては大倉山よりもこちらの方が古いそうです。
(※ 田村さんは独立されていて、グローリーから近くの場所でバーを営業中。「Bar Brilliant」です。)

 今回は横浜が2軒続きましたが、いずれもまた行ってみたい店です。これから横浜開港150周年イベントもあるので、楽しみですね。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BONANZA

カクテルのお店 その39です。

Cocktail369  今回は銀座スペリオ吉田均 さんの横浜のお店でBONANZA です(リンクはオールアバウト)。左の葉書は行ってから届いたものです。3周年記念で6月3日(水)~6月7日(日)PM6:00~AM3:00で期間中、テーブルチャージ無料・グラスシャンパンサービスだそうです。お近くの方はこの機会に是非行って下さい。

Cocktail370  ボナンザの店長は松本純 さん。毛利隆雄さんのところでお仕えしていたそうです。最初の1杯はマティーニをお願いしました。吉田さんのお店ですが毛利マティーニ。ギンギンに冷えたブードルスにドランのシャンベリーです。吉田さんから「自由に作って良い」と言われているそうです。客のリクエストが無ければ、普通はお店の味を出しますが、これはこれで良いです。
 最後の1杯は、マンハッタンをいただきました。こちらも当然ながらオールドオーバーホルトにカルパノ・アンティカフォーミュラー。両方とも好きなカクテルでとても楽しく飲ませていただきました。
 また、グラスの話をしたところ、浅草の創吉 というお店までご紹介いただきました。あの神谷バー の近くですね。今度行ってみよう・・・

 最後に、吉田さんは通常、日曜日にお店に入るそうです。(それ以外は銀座ということですね。)

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とろろ桃のフルーニュ、スイートチェリーテイスト、黄金比ブレンド

カクテルの副材料 その26です。

Cocktail366  最近、新しいジュースがいくつか出ていますね。市販のジュースを使って作るカクテルはホームカクテルならでは。お店ではなかなか飲めませんよ。ということで、久しぶりに最近のジュースを。いずれも100円程度のジュースですが、スーパーで3本まとめ買いで258円でした。

 はじめは、とろとろ桃のフルーニュです。桃とマンゴーを煮込んでヨーグルトテイストに仕上げたということですが、どんな味なんでしょうか?

Cocktail367

 次はいつもお世話になるトロピカーナで、シーズンズ・ベストシリーズ。今回はスイートチェリーテイストで春期限定です。といっても2月から発売しています。今は既に夏期限定で5月19日からパイン&パパイヤが発売されているようです。季節ものなので、次は何が出てくるのか楽しみですね。

Cocktail368  最後はカゴメのジュース。やさいしぼりシリーズで、黄金比ブレンド。野菜をカクテルに使うか?といえば使いますよね。トマトジュースでブラッディメアリーとか。最近は野菜を使ったカクテルをお店で出すバーもあるようです。NHKのまちかど情報室でも野菜のカクテルを取り上げていました。リンクを貼っておきましょう。こちらです。番組では野菜(カボチャなど)をオーブンで焼いて柔らかくしてからマッシャーで潰し、ボストンシェーカーを振っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワインセーバー

今回はカクテル用品というよりも、ワイン用です。

Cocktail365 こちらワインセーバー (1,890円)です。「日本酒もOK」とパッケージにあります。ということは洋酒にもOK?

 洋酒のボトルで1本、コルク製の蓋があるのですが、そのコルクが壊れてしまいました。仕方がないのでこれに代わる蓋ということで代用しています。

 空気が抜けて保存に良いという仕組みですから、十分代用できるでしょう。別のスペアー栓を購入すれば、これとは反対に空気を圧縮して入れることができるので、シャンパンセーバーとしても使えるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

キウイのカクテル、スティンガー、ネグローニ

カクテルレシピ その50です。

Recipe121  はじめは、季節のフルーツを使ったカクテルでキウイのカクテル (キウイ1個、ラム30 シェイク)です。ボストンシェーカーも使い方を忘れないようにたまには使わないと・・・ということで久しぶりに振りました。我が家で買うキウイはゼスプリゴールドキウイです。Cocktail364
 甘さの強いキウイです。カクテルにするには酸味の強いキウイの方が良いと思う人が多いかもしれません。
 作り方ですが、まず、キウイの皮を剥き小分けに切ってから、マッシャーでつぶします。ラムを加えてボストンシェーカーでシェイク。バーズネストを使ってきれいに濾していますのでとろみは全くありません。後で、濾したフルーツの残りを少し戻してみました。これはこれで少しとろみが入るのと、キウイの黒いツブも入って見た目にもフルーティな感じがして結構いけます。

Recipe122  次は、CCS15周年アニバーサリーパーティーの宿題を2つ。はじめはスティンガー (ブランデー40、ホワイトミントリキュール20 シェイク)です。ブランデーもミントリキュールも好きなので、これはおいしくいただきました。ブランデーならサイドカーといきたいところですが、ミントリキュールも使わないとなくならない・・・

Recipe123  次はネグローニ (ジン30、カンパリ30、スィートベルモット30 ビルド)です。カンパリはミニボトルを買っていたのを思い出して冷蔵庫の奥から引っ張りだしてきました。甘く飲みやすいカクテルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar Tenderly

カクテルのお店 その38です。

 今回は大田区大森のバーで「Bar Tenderly」 です。CCSのお店では東京で最後になりましたが、宮崎優子 さんにカクテルを作っていただきました。

Cocktail360 Cocktail361  名刺は独特な二つ折り。開くとこんな感じです。いただいたカクテルはマティーニ。ブードルスとドランのシャンベリー。毛利さん を目標にしているそうです。「大森さくらフェスティバル」の写真をみせていただきました。来年も是非開催していただきたいですね。今度は参加してみたいです。紹介しているブログがありましたのでリンクを貼っておきましょう。こちらです。

 それから、ル・ヴェール佐藤謙一 さん。閉店されたとうかがいました。残念です。CCS15周年アニバーサリーパーティーでマンハッタンをいただきましょう。

Cocktail362  19時の開店時には倉上香里 さんにカクテルを作っていただきました。メニューをみながら選んだのはテンダリー。目分量ですが、イエガーマイスターを5ml(10ml?全量で60mlを前提にすると5mlですがちょっと多かったような気が・・・)をロックグラスに入れ、クラッシュドアイスを詰める。カルヴァドス30ml、ベネディクティン25mlを加える。いずれも好きなリキュールでとてもおいしかったです。

 メニューには今月のお薦めカクテルが書いてあり、バンブー も入っていました。ちょうど横浜開港150周年ですから、その意味も込めて今月のカクテルにされたそうです。宮崎さんもCCS15周年アニバーサリーパーティーではバンブーを選んだので、そんな意味があるのかうかがうと、メニューは倉上さんの意見で作ったらしく、本意は本人に聞かないと・・・ということで宮崎さん に聞いてみると「好きだから」というお答えでした。でも上田さん とかぶるとは思っていなかったそうですよ。Cocktail363

 ちなみにお店の場所はこちらです。大森駅東側から川崎寄りです。昔ながらの飲食店街を少しはずれたところです。
 これで、CCSのお店は残すところ横浜方面に遠征することになりそうですね・・・近いうちに行ってみますか。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

シーブリーズ、ホワイトレディ、マルガリータ、ロブロイ

カクテルレシピ その49です。

Recipe117  今回は前のブログ、CCS 15周年アニバーサリーパーティーの宿題を四つ。はじめは、シーブリーズ (ウォッカ30、グレープフルーツジュース60、クランベリージュース60 シェイク)。クランベリージュースは信濃屋で買ってきました。
 グレープフルーツジュースとクランベリージュースでノンアルコールカクテルのバージンブリーズも良いですね。Recipe118

 次はホワイトレディ (ジン30、コアントロー15、レモンジュース15 シェイク)。レモンの爽やかさが良い、さっぱりとした感じのカクテルです。

Recipe119  こちらは、見た目でわかりますかね。マルガリータ (テキーラ30、ホワイトキュラソー15、ライムジュース15 塩でスノースタイル シェイク) です。テキーラと塩が合うんですよね。よく考えて作られたカクテルだと思います。

Recipe120

 最後はロブロイ (スコッチウェイスキー45、スィートベルモット15、アンゴスチュラビターズ1dash ステア マラスキーノチェリー)。マンハッタンのライウィスキーをスコッチウィスキーに変えたものですね。マンハッタンはカクテル作りを始めたきっかけのカクテルの一つでもあり、とても好きなカクテルなので、ロブロイは作っていませんでした。飲んでみて、自分的にはやはりマンハッタンかな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Y&M Bar KISLING 5周年

カクテルのお店 その3続編に続き3回目の「Y&M Bar KISLING」 です。今回は特別編の「5周年記念」のアップです。

Cocktail359  キスリングは5月20日で開店5周年となるそうです。こちらは5周年記念イベント案内の葉書。5月11日(月)から15日(金)までの5日間、グラスシャンパンのサービス。また、20時からは吉田さん阿部さんん、毛利さん の3バーテンダーが勢揃い!これは行かずにはいられない、ということで5月12日(火)に行ってきました。
 20時近くに行ってはカウンターに座れない可能性もあるので、19時20分ころにバーに入りました。幸い、ほぼ中央のキスリングの絵の前に座れました。

 火曜日は阿部さんがチーフの日。CCS 15周年アニバーサリーパーティーでサイドカーを作られる予定のようですが、この際ここでいただいてしまおうということで1杯目は阿部さんのサイドカーを。20時過ぎには、予定どおり吉田さんと毛利さんもカウンターに。

 2杯目を思案中に出てきたボトルがオールドオーバーホルト。これと見慣れないボトルを使って毛利さんが作っているカクテルがどうやらマンハッタンらしい。ということは見慣れないボトルはカルパノ・アンティカフォーミュラー・・・。そこで2杯目は毛利 さんのマンハッタンをお願いしました。見慣れないボトルの正体は思ったとおりでした。毛利さんのマティーニは飲まなかったのですが、先日行ったガスライトでのブードルスのマティーニの話をしたところ、「ベルモットはフレンチであれば何でもいいんですよ」とのことでした。ちょっとテークノートかな。それから少し懐かしそうな感じでガスライトの話をうかがいました。

 最後はせっかく3人いるのだから吉田さんのカクテル飲まないわけにはいかない。パレスホテルで飲んで以来ですが、吉田さんにはマティーニをお願いしました。あいかわらず美味しい・・・お客さんも大勢見えて、大変盛況な5周年記念イベントでした。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

グラスの縁から

カクテルの本 その20です。

Book45  新刊本です。「グラスの縁から」(ゴマブックス(株)\1575)東理夫著です。日本経済新聞土曜日夕刊に連載されたコラムが本になったものですが、日経はとっていないので気がつきませんでした。平日の朝刊市況関係は欠かさずチェックするようにはしているのですが。息抜きに少しずつ読むには手頃な本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCS 15周年アニバーサリーパーティー

 CCS(カクテル・コミュニケーション・ソサエティー) からアニバーサリーパーティーの案内が9日の土曜日に届きました。本家のホームページにはまだアップさていないようです。

Cocktail357  日程は6月21日(日)17:00~、帝国ホテル 本館3階「富士の間」です。今回は15周年記念のパーティーで、31名のカクテルアーティストが出演されます。カクテルグラスには少なめにしていただけますが、31杯飲むのは無理なので、あらかじめ、誰のカクテルを飲むか決めておいた方がいいですね。出演カクテルアーティストは五十音順で記載がありますが、ここではカクテル別にご紹介しましょう。(敬称略、ブログ初出は所属を記入。)

Cocktail358 はじめは、同じカクテルで味比べを楽しむなら、ジンベースで○マティーニ :井上栄一(松山BARゆめまぼろし)毛利隆雄、吉田貢。ブードルスもいいけどゴードンかな?井上さんは何を使うのでしょうか?はずせない1杯ですが・・・○ギムレット :中田耀子(札幌ドゥエルミタアヂュ)、山野井有三、ラムベースで○エックス・ワイ・ジー :竹内雅治(帝国ホテル東京)、盛田博智(旭川2001Bar Moonlight)、ウイスキーベースで○マンハッタン :佐藤謙一、吉田善信(旭川市オードヴィー)。オールドオーバーホルトは好きだけど吉田さんははじめてだし・・・、ブランデーベースで○サイドカー :阿部修夫、中垣繁幸(岐阜BARROSSA)、野田浩史(オーセントホテル小樽)。これもはずしたくない。阿部さんはキスリングの5周年でいただこうかな?、○ジャックローズ :栗原幸代、小森谷弘(ホテルニューオータニ)、坂本俊之(さいたまBAR SAKAMOTO)、塚田浩司、好きなカクテルですが4人になるとますます迷う・・・。ワインベースで○バンブー :上田和男、宮崎優子。上田さんシェイカー振らないのですか?

 次は違うカクテルを楽しむなら、ジンベースで○ネグローニ :丸井清和、○ホワイトレディー :宮内誠、ウォッカベースで○バラライカ :遠藤浩(ヒルトン小田原リゾート&スパ)、○コスモポリタン:佐藤千鶴、○シーブリーズ :西川拓真(名古屋アーク・バー)、ラムベースで○モヒート:後藤泰宏、○ダイキリ :長友修一(福岡バー・オスカー)、テキーラベースで○マルガリータ :山下克美(広島ウスケボ)ウィスキーベースで○ロブロイ :荒井成次郎(ザ・プリンスパークタワー東京)、ブランデーベースで○スティンガー :草間常明、リキュールベースで○バレンシア :有我容子、○グラスホッパー :北村聡、○カリブ :寅谷幹夫(八戸BAR 52nd)です。

 ホームカクテルで作っていないのはネグローニ、ホワイトレディ、シーブリーズ、モヒート、マルガリータ、ロブロイ、スティンガー、バレンシア、グラスホッパーとカリブですね。ネグローニ はカンパリを買っていないので。おおむね味の感じは想像つきます。ホワイトレディ は材料が揃っているのに何故作っていなかったかな?という感じです。次回作ってみましょう。シーブリーズ は飲んだことはあるのですが、クランベリージュースがなかなか手に入らないのでホームカクテルでは作っていません。信濃屋で買ってくるかな?モヒート は飲んだことはありますが、ホームカクテルでは自家製ミントの葉はミントジュレップにしてしまいますので・・・マルガリータ は、オレンジマルガリータやフローズン・ブルー・マルガリータは作っていますが、何故か本家は作っていませんでした。これも作ってみましょう。ロブロイスティンガーバレンシア は作ったような気がするのですがブログ検索しても何故か無かったですね。これも次回作ってみましょう。グラスホッパー は生クリームさえあれば・・・カリブ はココナッツリキュールを買っていません。季節的にもこれから良さそうなカクテルですね。ココモなら小瓶があるはず・・・ということで、ホワイトレディ、マルガリータ、ロブロイ、スティンガー、バレンシアは次回の宿題にしておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガスライト

カクテルのお店 その37です。

 今回は霞が関のバー「ガスライト」 です。自分のホームグランドはもともと霞が関なのですが、ここ1年間、立川市へ通っていて、4月に復帰しました。ガスライトはBAR5517高坂壮一 さんからも、「職場に近いバー」ということで紹介されていたのと、毛利隆雄さんの本を読んで、毛利さんも居たことのあるバー、ということで気になっていました。

Cocktail355

 バーテンダーは井口法之 さん。NBAの全国大会で優勝経験のある方です。ガスライトには毛利隆雄さんや、1月に銀座に出店された酒向明浩 さんと、全国大会優勝者を輩出しています。
 お店のサービスですが、はじめに、コンソメスープ出すところはモーリ・バー と同じです。同じというより、毛利さんがいた頃から変わっていないということなんでしょうね。

 最初にお願いしたのは、マティーニを。こちらはブードルスとノイリーでした。ブードルスはギンギンに冷凍しているようで、毛利さんと同じようなロングステアでした。それにしても、ほとんど音がしないステアは見事です。久しぶりのブードルスでおいしくいただきました。カクテルグラスもモーリ・バーと同じような形のグラスでしたので、毛利さんと違うのはノイリーがシャンベリーということぐらいですかね。Cocktail356

 2杯目はブログの記事を持参してきていたのでデュワーズのハイボールを。最後はもう一度マティーニを。こちらはゴードンとノイリーで作っていただきました。やっぱりゴードン好きだな・・・といつもながら思います。右はコースターです。GASLIGHTの「I」がガスライトの形をしています。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゴールデンウィークのカクテル その2

 ゴールデンウィークのカクテル その2です。

 今年のゴールデンウィークは長いですね。4月30日と5月1日は休みませんでしたが、それでも5連休。5月7日、8日と休んで9連休の人もいるんでしょうね・・・
 ゴールデンウィーク後半のホームカクテルは5月2日の土曜日から。夕食前に2杯、まずは最近の定番になりつつあるシャルトリューズトニック を飲んでから、ウォッカシャンポー 。連れにはウォッカマンゴー の後にシャンポールリキュール をストレートで。外出して夕食後、自宅に戻ってからは、さっぱりしたロングカクテルということでジンリッキー を1杯。連れにはファジーネーブル を。この日最後の1杯は、二人で久しぶりにスコッチウィスキーでバランタイン30年の水割り を。我が家のウィスキーで最高にうまいです。

 1日空けて4日、みどりの日の月曜日は外出して神谷バー へ。夕食後、自宅へ戻ってカクテルを。この日は、新しいスタッフドオリーブマラスキーノチェリーを空けたので、最初は久しぶりにマティーニ を1杯、ビィーフィーターとノイリーで。続いて、マンハッタン 。連れは、ウィスキーの水割り希望で、今回はジャパニーズウィスキー。ニッカの竹鶴12年水割 りを1杯。

 5日、こどもの日の火曜日も夕食後、自宅に戻ってカクテルを。この日はブランデーシリーズで最初はサイドカー 。連れにはハネムーン を。最後の1杯はジンが飲みたくなり、グリーンアラスカ を、連れには引き続きブランデー系でキューバンカクテル を。この日一番のヒットはハネムーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ザ・プレミアムソーダ

カクテルの副材料 その25です。

Cocktail354  今回はサントリーのザ・プレミアムソーダ (105円)です。山崎の天然水で作ったソーダなので、山崎12年あたりでハイボールを飲むとバッチリかもしれません。サントリーのHPで、ハイボールのおいしい作り方もあるのでリンクを貼っておきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハネムーン、キューバンカクテル

カクテルレシピ その48です。

Recipe115  今回はブランデーベースを2杯。はじめはハネムーン (アップルブランデー20、ベネディクティン20、レモンジュース20、オレンジキュラソー3dashese シェイク)。レモンが爽やかな味を引き立てて、飲みやすくてとてもおいしいカクテルです。

Recipe116  次は、キューバンカクテル (ブランデー30、アプリコットブランデー15、ライムジュース15 シェイク)です。こちらはハネムーンに比べ、ブランデーの味がやや強く出るようです。どちらかというとハネムーンに一票かな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

神谷バー

カクテルのお店 その36です。

Cocktail349  今回は浅草の神谷バー です。ゴールデンウィークの後半に行ってきました。雷門通りの吾妻橋寄りの交差点角にあります。左の写真は雷門通り側の入口。「神谷バー」の下に浅草一丁目一番地一号とあります。

Cocktail348

右は馬道通り側で、広告には「SINCE1880 KAMIYA BAR」の文字の下にデンキブランの写真があります。

Cocktail350  飲むのは当然デンキブランですが、これは2種類あります。注文したのは電氣ブラン<オールド>(360円)の方で、こちらは度数40℃°。ここでは電氣ブランと生ビールを一緒に飲むのが一般的(?)のようなので、後から生ビールも頼みました。連れはグラスワインのミヤワインロゼを1杯ずつ。
 メニューは通常のデンキブラン(260円、度数は30℃)の他に、ハチブドー酒(260円)などがあります。また、電氣ブランベースでは電氣ブランサワーDenki Bran Fix(電氣ブランとチェリーブランデーのカクテル)、電氣ソーダがあります。一般のカクテルではジントニック(430円)、ファジーネーブル(480円)など、いろいろありますがとにかく安いです。

Cocktail351Cocktail352_2

 日本でも古いバーですが、ホテルバーや銀座のバーとは全く違います。日曜、祝日の昼ころからやっていますし、2階にレストランがあるせいか、グラタンなどのちょっとした食事も出てきます。ファミレスみたいな雰囲気です(実際子供連れもいました。)。客層は地元(?)の方か観光客か、高齢者が多いような気がしました。行ったのは祝日なのでとにかく混雑していました。食券を買って座るのですが、店員が案内するわけでもなく、空いたらすかさず席取りをしないとなりません。

Cocktail353  最後に、お店の外ではお土産用に電氣ブラン、デンキブラン、ハチブドー酒などを売っています。混雑している時は、バーで飲まずに、お土産で電氣ブランを買って帰るというのも良いかもしれません。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マンゴーミルクウォッカ、ウォッカシャンポール

カクテルレシピ その47です。

Recipe113  最初の1杯は、よくばりオ・レ マンゴーを使ってカクテルを作ってみました。マンゴーミルクウォッカ です。ウォッカを30ml、マンゴージュースを適量でシェイク。ジュースには乳脂肪分はゼロなのですが、マンゴー味の他にミルク味の甘さが入っています。シェイクすると、白い泡が浮かんで見た目がいまいちですが、味の方は結構いけます。

Recipe114  次は、シャンポールリキュールを使ったカクテルです。このリキュールはブラックラズベリーをベースにバニラ、蜂蜜などを加えたリキュールで、ストレートでとても美味しいお酒です。サントリーHPでもソーダ割りなどのレシピくらいで、シャンポールを使ったカクテルレシピはあまりありません。
 そんな訳で、ウォッカシャンポール です。シャンポールとウォッカを1対1でシェイクしてみました。味はちょっとアルコールが強いシャンポールリキュールという感じです。これならばストレートで飲んだ方が良いかもしれませんね。
 最後に、CCSの第8回アマチュアカクテルコンテストでシャンポールを使った入賞作があったのでレシピを紹介しておきましょう。福岡県の松下千春さん作「Le petite Prinse」ビィーフィータージン30、シャンポールリキュール15、フルーツ プレッソ リキュール トリプルグレープ10、フレッシュレモンジュース10 シェイク/星形のレモンの皮です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

福島勇三カクテルバイブル

カクテルの本 その19です。

Book42

 今回の本もレアものに近いかもしれません。「福島勇三カクテルバイブル」(象形社\5250)福島勇三著。左の写真は布貼りのケース。本体は右下で黒色です。Book43

 福島さんの話は「ザ・バー草間」草間 さんから聞いていましたが、その後「バー5517」高坂 さんに本の実物を見せていただく機会がありました。内容は直筆のカクテルレシピが中心です。一般の書店ルートでは買えないのではないでしょうか?ネットで検索してヒットした古書店で購入しました。使い勝手があるものでもないのですが記念に買っておきました。実際、永楽倶楽部で福島さんのカクテルを飲んで見たいのですが、ここは会員制なので・・・

Book44

 はじめの方に「バーテンダー十戒」なるものがありました。内容的に、なるほど・・・と感じるところがありましたので、ページのさわりだけ(画像から読めない程度で)アップしておきましょう。

 最後に、CCS のコラムで福島さんがホットカクテルを説明していますので、そちらにもリンクを貼っておきます。こちらです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »