« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

週末のカクテル38

 9月26日の土曜日、行きつけの居酒屋に約1カ月ぶりに行き、焼酎を飲んで帰ってからカクテルです。最近ご無沙汰している定番のカクテルの一つ、ギムレット を最初に1杯。プリマスジンもそろそろ無くなりつつありますが、最近はプリマスジン ネイビーストレングス ジンという57度のジンが出ています。信濃屋さんで見て、びくりしました。残り少なくなった、ローズ社のライムジュースと昔ながらの味(?だと思う)このジンで作ったギムレットを飲んでみたいですね。イギリス海軍の軍人が船で飲んでいたころは氷はなかったでしょうか?常温で割って飲んでみるのもおもしろそうです。
 連れには、そろそろ季節も終わってしまうスイカのリキュールと、最近のジュースでカゴメ野菜生活100のRefres!シリーズとを合わせて、マリーブリザールウォーターメロン・レモン&パッションフルーツ のカクテルを。この野菜ジュースシリーズは結構いけます。
 最後に、これまた少しご無沙汰のシャルトリューズジョーヌ(イエロー)のソーダ割り を。最近は同じシャルトリューズ でももっぱらヴェール(グリーン) を飲んでいたのでこちらの減りが早くなったきました。そこで、この日はジョーヌに。ただ、最近はトニックウォーターが妙に甘く感じるのでソーダ割りでスッキリといただきました。トニックウォーターも本場の味なら違うのでしょうかね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

うらごしピーチブレンド

カクテルの副材料 その30です。

Cocktail411  今回はジュースを1本。いつもお世話になるトロピカーナから新作です。
トロピカーナ フルーツリッチ うらごしピーチブレンド(137円)です。最近、トロピカーナの白桃100%を見なくなったと思ったら新しいシリーズに変わったようですね。プロセッコ と合わせてベリーニ を飲んでみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル37

 9月19日の土曜日、シルバーウィークの前半です。この連休のカクテルは、この日だけになりました。当日は川崎シネチッタで映画を見てから、日本酒専門の居酒屋へ行き、家に帰ってからカクテルです。
 この日は、結構飲んできたので簡単に作れるロングカクテルを1杯ずつにしました。自分にはミドリのソーダ割り 。大人のソーダ水ですね、これは。とても懐かしい味でした。連れにはヒプノ・グレープフルーツ 。ヒプノティックのグレープフルーツジュース割りです。これはさっぱりとしたカクテルで、日本酒の後には良いかと思います。
 シルバーウィークはもっぱら日本酒シリーズでした。表参道ヒルズのはせがわ酒店で地酒を試飲したり、銀座の酒の穴で地酒三昧・・・そろそろカクテルが飲みたくなってきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨峰のカクテル

カクテルレシピ その57です。

Recipe140  今回は巨峰のカクテル を2杯。巨峰は果肉が厚くて、潰して果汁を・・・と思ってもあまり果汁がとれないと思ったので、久しぶりにミキサーを使いました。まずは巨峰の皮むき。紫の色合いを出すには少し皮を残しておいた方が良いと思い、使った10粒のうち、3粒ほどはそのまま皮を残してミキサーに。ボストンシェーカーに移して、ブランデーを30ml加えシェイク。カクテルピンには皮を剥いた巨峰を刺して添えました。ブランデーの原料は葡萄なので味的にも合うのではないかと思いましたが、結構いけるカクテルになりました。 Recipe141
 次も巨峰のカクテルで、こちらは見てのとおり色が薄くなっています。こちらも10粒使いましたが全て皮を剥き、合わせたスピリッツはウォッカです。同じようにカクテルピンには皮を剥いた巨峰。ウォッカが癖がないため、ほとんどジュースのような感じの味です。自分的には初めのカクテルの方が好きですが、連れは後のカクテルが気に入ったようです。
 そろそろ梨もいいよな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バー カプリ

ホテルバー その7です。カクテルのお店 その51です。

 遅い夏休みを取って、都心のホテルへ宿泊。ボーリングをしたり、美術館へ行ったり、銀座で外食、日本酒に合わせて秋刀魚を食べたり・・・ということで、スポーツの○○、芸術の○○、食欲の○○・・・すっかり秋を感じた1日でした。この日、最後はホテルバーへ。
 宿泊先のホテルニューオータニはバーがいくつかありますが、今回行ったバーはBar Capri (バー カプリ) 。先日のCCS15周年アニバーサリーパーティーでニューオータニからは、小森谷弘 さんその1と、丸井清和 さんその2が出場されていたので、丸井さんのKATO'S DINING & BAR のどちらにするか迷ったのですが、ホテルのガイドを見て小森谷さんのバー・カプリの方にしました。(残念ながら小森谷さんはお休みでしたが。)

 座ったカウンターは曲線を持った柔らかい感じがするカウンター。バーに入ってカウンター左サイドにはピアノが有り、ちょうど生演奏中。しかもピアノに一番近い席が空いていて、そこに座りました。生演奏をこれほど近くで聴いたことはなく、とても良かったです。

 いただいたカクテルは、カクテルメニューの、Winners というカクテルコンペティションで優勝したカクテルの中から、コットン・フラワーを連れに。これは、'95サントリーカクテルコンペティション小森谷弘 さんが優勝したカクテルです(レシピはジャックダニエル ブラック20ml、 ディサローノ アマレット10ml、 オレンジ ヒーリング(トリプルセック)10ml、 サンフェスタ オレンジ100...15ml、グレナデンシロップ5ml シェイク、ミント・リーフをつけたレッド・チェリーをグラスの縁に飾る)。レシピからも伝わるようにオレンジ味にアマレットの甘さが心地良いカクテルです。

 自分はカクテルメニューのオリジナルカクテルから、オータニ・スペシャル・カクテルを。同じニューオータニのバーで、THE BAR の方に写真がありますのでリンクを貼っておきました。レシピは忘れましたが、パルフェタムールを使って紫色に仕上がったとても綺麗なカクテルです。かなり前に、バイオレットフィズを飲んだことがありますが、それを思わせる味でした。買いのリキュールかもしれません。

 食事もしてから最後に来たので、この日は1杯ずつで終わりです。今度は他のバーにも行ってみたいですね。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル36

 9月5日の土曜日。居酒屋に行く前に、いちじくのカクテル に挑戦。ショートはまずまずでしたがロングはイマイチ。居酒屋から帰ってサッカーの日本対オランダを見ながらもう1杯。自分にはシャルトリューズトニック を、連れにはティフィン黒烏龍茶 を。この日はウィスキーには行かずにここまで。サッカーは前半あれだけ良い戦いで0-0だったのに後半3点とられて完敗。世界の壁は厚い・・・
 今週末は良い天気が続き、風の暑さも涼しい感じに変わってました。これから季節物のフルーツが多くなってくるので、これを使ったカクテルを作るのが楽しみですね。巨峰がおいしそうだったな・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

いちじくのカクテル

カクテルレシピ その56です。

Recipe137  今回はいちじくのカクテル (いちじく1個半、ラム30ml、レモンジュース1tsp シェイク)です。季節の果物ですが、いちじく(無花果)は物が良くないとしっかりした味と甘みがでませんね。

Recipe138

 こちらは同じいちじくのカクテル。スピリッツはウォッカに変えてロングにしてみました。ソーダでフルアップ。
香りは出てくるのですが、味が薄まってしまいますので何か工夫が必要ですね。味見してからチェリーブランデーを足して何とか飲めるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

n.e.oプレミアムジンジャーエール

カクテルの副材料 その29です。

Cocktail409  今回はジンジャーエルです。商品名はn.e.oプレミアムジンジャーエール (148円)。銀座の信濃屋さんで見つけました。

 商品紹介のホームページにあるとおり、プロのバーテンダーが監修して作られた本物のジンジャーエルということのようですが、これを使って何を作りましょうか・・・

 左の写真は瓶を振った時の濁った状態。Cocktail410 沈殿すると右の写真のようになります。同じものですから勘違いの無いように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル35

 8月29日の土曜日。なじみの居酒屋へ行く前に、買ってきたマスカットを使ってマスカットのカクテルに挑戦。久しぶりにボストンシェーカーを使ってみました。こちらも使わないと錆びる?・・・味はまずまず。レシピはカクテルレシピ55で。
 夕食はなじみの居酒屋へ行き。戻ってから家飲みです。はじめは連れにファジーネーブル を。ピーチリキュールの小瓶がこれで空きました。続いて、冷蔵庫を整理すると小瓶で冷やしておいたドライベルモットがあったので、自分にはマティーニ を。最後は最近定番になりつつあるバランタイン30年水割り を二人で。この日はこれで終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »