« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

クリスマスカード

 今回はバーからいただいたクリスマスカード(Christmas Card) 特集。

Ccs33

 はじめは渋谷の「バー・アドニス」 です。年末年始無休で大晦日と元旦は23時までの営業とのことです。しっかり営業していましすね。大晦日はシュラトン都ホテルに宿泊ですが、渋谷は近いので行けたら行きたいですね。ただ、ホテル内「Mバー」 も良いんですよね・・・カードは全体的な色使いが鈴木健司さん好みの感じですね。アドニスのお店の感じとマッチしています。

Ccs34

 次は銀座の「Y&M Bar KISLING」 です。年末は28日まで、年始は4日から営業。こちらはしっかりとお休みされますね。大御所のお店ですから。カードはバーの看板、キスリングの絵とコースター。しばらくご無沙汰なので、バーカウンターが懐かしく感じます。コースターの「2009-2010」が洒落ています。

Ccs35

 続いて、岐阜のBAROSSA」 (バロッサ)です。年末は30日まで、年始は5日から営業。お店の前でスタッフがそろって樽を抱えてお迎えです。大型のカードで写真は二つ折りの片側。もう片方にはメッセージがありました。皆さんの笑顔がとても明るくて、お店の雰囲気がよく伝わるカードですね。

Ccs36

 次は、名古屋のark BAR」 (アーク・バー) です。寅年にタイガーマスクの仮面です。洒落っ気たっぷりで楽しませてくれます。今度は2店目の「ark BAR second」に行ってみたいですね。

 最後に、New Year Card を福岡の「BAR 倉吉」 からいただきました。年末は30日まで、年始は店によって2日又は4日から営業、「ちょっとBar倉吉」 は年中無休だそうです。また、2009年HBA/MHD共催カクテルコンペティションで柳瀬さんが優勝されたというニュースがありました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Best of MARTINI Book

カクテルの本 その22です。

Book49  今回は1冊。「The Best of MARTINI Book」(旭屋出版\3,500+税)旭屋出版編集部の編集制作2004年5月初版です。スタンダードのマティーニで紹介されているバーテンダーは50名。このうち6名からは実際にマティーニをいただきました。上田和男 さん、毛利隆雄 さん、保志雄一 さん、佐藤謙一 さん、宮崎優子 さん、稲田春夫 さんですが、現在の保志さんのマティーニは、当時からは少し作り方が変わったようです(本がリトルスミス時代だからでしょうかね)。
 また、亡くなった澤井さんからはいただけませんが、セント・サワイ・オリオンズでは、藤澤 さんから澤井さん直伝のマティーニを、また、コレオスでは大泉さん不在中で、福島 さん方から円柱形のグラスを使ったマティーニをいただきました。

 また、アレンジマティーニでは19名(スタンダードと重複有り)の変わりマティーニが紹介さてれています。読んでいると、それぞれのマティーニも是非飲んでみたくなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル49

 12月26日の土曜日、先週に引き続き東京へ。某景品で当たった東京スイーツファクトリー のケーキを引き取りに自由が丘に行ってきました。夕方は地元に戻ってなじみの居酒屋へ。ただ、最後はケーキが待っている・・・
 居酒屋では普段どおり飲んでから、家飲みです。この日のカクテルは、はじめにマティーニ を、タンカレーとシャンベリーで作ってみました。連れにはジャックローズ を。最後はギムレット を飲んでお酒はおしまいですが、デザートのケーキでこの日は締めました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ヒプノ・グレープフルーツ

久々のカクテルレシピ その59です。

Recipe143  リキュールのヒプノティックを使ったカクテル。ヒプノ・グレープフルーツ です。ヒプノティックを先に入れてグレープフルーツジュースを適量加えました。あえて混ぜていませんので色が分かれています。ストローで適当に混ぜて飲むのも良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル48

 12月19日の土曜日、久しぶりに東京へ出かけて新橋の居酒屋へ。土曜日にもかかわらず団体客で結構賑わっていました。近くの他の店はかなり空いていたのですけどね。
 帰ってからは家飲みです。この日のカクテルはアラスカ から。連れにはヒプノティックを使ったヒプノ・グレープフルーツ を。2杯目は、なんとなくオリーブが食べたくてマティーニ を、連れには定番のファジーネーブル でこの日は終わりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル47

 12月12日の土曜日、なじみの居酒屋へ。忘年会シーズンのせいか団体の予約客が多く、結構繁盛していました。団体はボルテージが上がると声が大きくなりますね・・・焼酎のボトルを追加で入れてかなり飲みましたが、帰ってから家飲みです。この日は、はじめにギムレット を。連れには定番のファジーネーブル を。とうとうプリマスジンを切らしました。最後はジントニック を1杯。57度のジン、プリマスジン ネイビーストレングスを仕入れたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSスタンプラリー その4

CCS(カクテル・コミュニケーション・ソサエティ) スタンプラリーの景品 その4です。

Cocktail435

 ロックグラスカクテルシェイカーメジャーカップバースプーンと続けばそろそろ・・・という感じで、今回はミキシンググラスストレーナーです。

 ポイント獲得はバー・テンダリーボナンザGLORY 桜木町 です。

 次回は36ポイントで、スタンプカード2冊目の半分までですね。このあたりまではなんとかなりそうですが、その先は宇都宮、札幌、旭川に行かないと難しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSコミュニケーションパーティー2009 by 鈴木健司

  次は鈴木健司 さん。皆さん、同じレシピでも色と味が微妙に異なります。どれがいいかは好みですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSコミュニケーションパーティー2009 by 三石剛志&新橋清

 コミュニケーションパーティーでCCSオリジナルカクテルを創作した3名がカクテル、コミュニケーションを提供しました。
 はじめは、三石剛志 さんと新橋清 さん。終わりの方で鈴木健司さんがアップで写るのは愛嬌ということで・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSコミュニケーション・パーティー2009

 12月6日の日曜日、帝国ホテル17階の「アクア」で開催されたCCSコミュニケーション・パーティーに行ってきました。例年、年末パーティーとして12月の第1週の日曜日(昨年は11月30日)に開催されていたパーティーですが、今回は例年と異なりCCSメンバー限定です。

Ccs33   右写真は開会前の料理のテーブル、左側は窓になります。Ccs34

 左写真で正面には3名のジャズバンド。ピアノとベースとバイオリンでの演奏でした。スタートしてから、はじめは恒例のスタンプラリー表彰。私は24ポイントで表彰をいただいた二人のうちの一人です。また、記念品が贈られてきますので、それは別にアップしましょう。

Ccs35

 このバイオリンで聴くジャズがなんとも妙に良かったですね。クラシック調のジャズ?という感じで。

 今回、CCSのカクテルアーティストを含め70名くらいの参加だったようです。主なカクテルアーティストは、Y&M Bar KISLING 吉田貢 さん、阿部修夫 さん、銀座テンダー 上田和男 さん、新橋清 さん、バーグローリー 宮内誠 さん、ザ・バー草間 草間常明 さん、Bar Tenderly 宮崎優子 さん、JBA BAR 洋酒博物館 北村聡 さん、バー・アドニス 鈴木健司 さん、Bar 三石 三石剛志 さん、福岡からBar Oscar 長友修一 さん、ホテル系ではロイヤルパークホテル 佐藤千鶴 さんと皆さん良く知っている方々ですが、面識が無い方で、栃木のパイプのけむり 大塚徹 さん、他は帝国ホテルの長内等 さんでしょうか。(他にいらっしゃったらごめんなさい!)

 普段はバーテンダーのスタイルで接する男性バーテンダーの方々も、他のメンバー同様普通のスーツですから、後ろからだとわかりません。
 女性バーテンダーでは、宮崎さんの黒いドレスが際だっていましたね。女優さんのようで、最初は誰かわかりませんでした。また、佐藤千鶴さんの笑顔は100万ドルの笑顔で、心が和みました。

Ccs36  当日の料理の一端を。帝国ホテルなので料理はバッチリ。初めはビールをいただきながら、こちらの食事をいただきました。

 次は赤ワインをいただきながら、肉をメインにこちらを。Ccs37

 今回のパーティーはCCS15周年を祝うと共に今後の活動について語り合うという趣旨で会員限定。カクテルアーティストの方々も、カクテルを提供するのではなく、一緒に飲んで食べて語るということですので、カクテルを作るスナップは無いのですが、パーティー中盤で、CCS15周年オリジナルカクテル「コミュニケーション」を創作した3名(新橋さん、鈴木さん、三石さん)が、タイムサービス的にこのカクテルを提供いただいたので、その動画は別ページでアップします。

Ccs38  さて、その作品はこちら。右から新橋さん、鈴木さん、三石さんの作。色合いが右から濃いグリーンで真ん中が中間色、左が黄緑に近い色合いとなっています。ハードシェイクだと緑色が強くなるという説もあったようですが、私は「色合いを少し変えて提供しよう」という演出があったのではないかと思います。さて、真相は・・・?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »