« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »

BAR ANTHEM

カクテルのお店 その85です。

 今回は銀座のバーで、BAR ANTHEM 」(バー・アンセム) です。
Cocktail602  オーナーバーテンダーは浅倉淳 さん。2005年の全国バーテンダー技能競技大会の優勝者。ガスライトから独立されてオープンしたバーです。たまたま銀座テンダーでいただいた「月刊たる」という雑誌の2009年10月号にバーの記事が出ていて、紹介されていたジントニックを飲みたいと思っていました。ということで、最初の1杯はジントニック を。キナの粉末を使うということでしたが、酔わないうちに味をしっかりと味わうべきだったですね・・・2杯目は、マティーニ を。ガスライト出身ですからブードルスのマティーニですね。

 雑誌に写真もありましたが、古いカクテル本「コクテール」も見せていただきました。一つ謎なのは分量です。2種類を合わせた場合は表記が1/2オンスと1/2オンス。これでは合わせて1オンスにしかならない・・・?昔の表記は分量が半分とも思えませんが、こんな解釈もできるか、ということで・・・「全体で2オンスのところ、一つは1オンス、もう一つも1オンス、合計2オンス」?はたして正解は?

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

千曲の滴(白桃ジュース)

カクテルの副材料 その41です。

Cocktail601

 今回はジュースを1本。千曲の滴1000ml (790円)です。川中島白桃・白鳳を使った100%の桃ジュース。最近、100%果汁の桃ジュースがあまりありませんが、これは良いですね。成城石井、赤坂アークヒルズ店で購入しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 その5

CCSカクテルパーティー2010 その5です。

Ccs201031

 パーティーの最後には競演した7名の内から、会場に来た方の投票で優勝者が決まります。Tickets右は入場チケットですが、下の方が投票用紙で1番から7番まで番号があります。入場者はお気に入りのカクテルを一つ選んで、切り離して投票します。控えと投票用紙に同じ通し番号があって、投票者には抽選で商品が当たるという趣向。今回は残念ながら当たりませんでした。商品はかなり良いお酒が出ていました。

Ccs201032  今回の優勝者は、BARル・ヴェールの佐藤謙一さんでした。どの創作カクテルが優勝してもおかしくないと思っていました。おめでとうございます。
 ちなみに私が投票したのは・・・それは秘密にしておきましょう。
 以上、今回のリポートはこれで終わりです。
 追伸:帰り際、クロークでご挨拶したのは、水戸の酒工房ラハイナのオーナー栗田さん。ご夫婦でいらしていたのでしょうね。また、機会があれば伺います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 渡辺高弘

次は、京王プラザホテルの渡辺高弘さん。創作カクテルは、ほの香。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 塚田浩司

次は、BAR Rの塚田浩司さん。創作カクテルは春宴。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 佐藤謙一

次は、BARル・ヴェールの佐藤謙一さん。創作カクテルは美の郷。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 後藤泰宏

次は、ロイヤルパークホテルの後藤泰宏さん。創作カクテルは明星。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 遠藤浩

次は、ヒルトン小田原リゾート&スパの遠藤浩さん。創作カクテルは和イ・ボール。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 上田和男

CCSカクテルパーティー2010 最初の動画は銀座テンダーの上田和男さん。横浜の第16回CCSパーティーに引き続き、ハードシェイクではなくステアでしたね。創作カクテルはNagomi。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 その4

CCSカクテルパーティー2010 その4です。
カクテルアーティスト7名の競演には参加されなかったメンバーの方々など、記念に頂戴した写真を少しご紹介させていただきますが、皆さん有名人だから有名税と思ってご理解いただきましょう。

Ccs201024  まずは、ANAインターコンチネンタル東京の有我容子さんと、バー・ブロッサムの佐藤千鶴さん。佐藤さんはロイヤルパークホテルから移られたそうです。バーは溜池山王の山王健保会館内ですが、健保の会員制。あるバーテンダーと一緒なら入れると教えていただき、その週にも行こうと思ったのですが、風邪を引いてしまっていけませんでした。近いうちに必ず行きます。有我さんのところも歩いて行ける距離なので行かなければ・・・Ccs201025
 右側は同じく佐藤さんとホテルニューオータニ東京の丸井清和さん。
Ccs201026  続いて、丸井さんと一緒にY&M Bar KISLINGの阿部信夫さん。キスリングは、しばらくご無沙汰しているので、そろそろ行かなければ・・・

Ccs201027  こちらは、バーグローリーの宮内誠さん、Y&M Bar KISLINGの吉田貢さん。MORI BARの毛利隆雄さんのスリーショット。このころはかなり酔いがまわってきて手ブレでぼやけているのですが、画像を縮小するとそこそこ見られるくらいになりますね。

Ccs201028  毛利さんの隣は、バーグローリー桜木町の田村誠さん。5月の八戸市長杯カクテルコンペティションでは2位入賞。

Ccs201029  こちらは、7名のアーティストたちを裏方としてお手伝いしていた方々。Bar Oscarの長友修一さん。

Ccs201030  こちらは、バー 三石の三石剛さん。

 皆様、お疲れさまでした!
 次は、今回のパーティー優勝者のご紹介です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 その3

CCSカクテルパーティー2010 その3です。

Ccs201016  カクテルアーティストの創作カクテルの紹介。Ccs201017 5番目は、BARル・ヴェールの佐藤謙一さん。「美の郷」です。レシピは、スミノフウォッカ20ml、ティフィンティーリキュール30ml、コアントロー10ml、レモンジュース1tsp シェイクです。紅葉をグラスのステムに配う。オレンジピールをする。
 ティーリキュールは好きなリキュールです。素材は全てマイホームにあるので、今度作ってみましょう。

Ccs201018  6番目は、Bar Rの塚田浩司さん。Ccs201019 「春宴」です。レシピは、アルディッシュ・シャルドネ20ml、桜リキュール ジャポネ15ml、ピーチリキュールボルス10ml、グレープフルーツジュース15ml シェーク。桜の塩漬を飾る。
 「和」のテーマで桜リキュールは有るだろうな・・・と思ってましたがここで登場です。桜とピーチは合いますよね。また、ベースに白ワイン。おそらく、一番女性受けしたのではないかな・・・

Ccs201020  7番目は、新しいCCSカクテルアーティストで京王プラザホテルの渡辺高弘さん。Ccs201021 「ほの香」です。レシピは、グレイグース・ポワール30ml、クレームド ペシェ ルジェ20ml、桜リキュール ジャポネ5ml、ラ・デュセスカシスリキュール1tsp、レモンジュース5ml シェイクです。ドライローズの花びら、ピンクペッパーを飾る。
 再び桜リキュールとピーチリキュールで塚田さんと似た感じになりましたが、ベースが洋梨フレーバーのウォッカ。こちらも女性に受けそうですね・・・

Ccs201022  パーティーも中盤にかかる頃、いつものとおり?講談師の神田陽子さんの御登壇です。いつもながら元気をいただけますね。

Ccs201023

 ジャズ演奏の方もボーカルが入ってますます盛り上がってきました。

 次は、Build Cocktail やお手伝いの方々などのご紹介です。その4もどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 その2

CCSカクテルパーティー2010 その2です。

それでは、7名の各アーティストの創作カクテルを紹介しましょう。

Ccs20108  1番目は、銀座テンダーの上田和男さん。「Nagomi」です。Ccs20109
レシピは、竹鶴12年30ml、ミドリメロンリキュール20ml、グレープフルーツジュース10ml、ブルーキ ュラソーボルス1tsp ステア。
 日本のリキュール、ミドリの甘さが心地よいカクテル。ミドリとウィスキーが意外と合うということがわかりました。ウィスキーも日本の竹鶴。最近はサントリーのウィスキーが多かったのですが、ニッカのウィスキーも良いですね。これは作ってみたいカクテルです。

Ccs201010  2番目は、ヒルトン小田原リゾート&スパの遠藤浩さん。Ccs201011 「和イ・ボール」です。レシピは、響12年30ml、プルシアプラムリキュール10ml、ライムジュース5ml、ソーダFull Up シェイクです。本来は、木升に注ぎ、蒲鉾、小梅を飾る。(写真右下で少し切れています)今回はグラスに注いで提供。
 響12年、プルシアを合わせていたので、2010サントリーカクテルコンペの名古屋マリオットホテル福手さんのカクテルを思い出しましたが、こちらはソーダですっきりと仕上げていますので飲みやすいカクテル。自分としては現在注目のプルシアで満足の1杯でした。

Ccs201012  3番目は、JBA BAR 洋酒博物館の北村聡さん。「やすらぎ」です。Ccs201013 レシピは、山崎10年30ml、梅酒10ml、蜂蜜20ml、レモンジュース1tsp ブレンダーです。ソーサー型シャンパングラスに注ぐ。マラスキーノチェリーを飾る。
 意表をつくブレンダーの使用。蜂蜜を混ぜるには当然かもしれませんが、フローズンスタイルで他のアーティストとは異なる独自性が北村さんらしいですね。こちらはまいりました・・・という1杯。

Ccs201014  4番目は、ロイヤルパークホテルの後藤泰宏さん。「明星」です。Ccs201015 レシピは、ラ ズール30ml、ビーフィータージン「24」20ml、ライムジュース10ml、シュガーシロップ1tsp、アンゴスチュラビターズ1dash シェイクです。星形オレンジピール、パイナップルリーフ、金粉を飾る。
 ラ ズールはグレープフルーツのリキュールですが、これまで飲んだことがありませんでした。注目の1本になりそうです。これも作ってみたいカクテル。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

CCSカクテルパーティー2010 その1

CCSカクテルパーティー2010 その1です。

Ccs20101

 場所は 日本橋のロイヤルパークホテル。12月12日の日曜日でした。クリスマスシーズンでもあり、ホテルの入り口やラウンジにはクリスマスツリーがありました。Ccs20102

 右側はホテル入り口のツリーです。
 当日の会場は「著名人のご子息の結婚披露宴がおしていて、開催が少し遅れる」とアナウンスがありましたが、会場向かいの別室宴会場でドリンクを提供していただいたので、適当に時間つなぎはできました。(著名人とは・・・谷村新司さんでした。)

Ccs20103  予定より15分くらい遅れての開場となりましたが、いつもどおりの進行でまずはチェアマンの挨拶。Ccs20104

 右側は壇上の横からとった宴会場の様子。つい先ほどまで結婚披露宴をやっていたのですが、すばやく会場がセットされました。中央を囲むように7名のカクテルアーティストが創作カクテルを提供します。天井も高く、大きな宴会場です。

 今回は特別なパフォーマンスがありましたので、紹介しておきましょう。
Ccs20105

 こちらの方、有名な書道家。(お名前は・・・ちょっと失念しました。後で調べてブログを差し替えます。失礼)
Ccs20106

 作品はこちら。今回のパーティーが「7名のアーティストが”和”うぃテーマに競演」ということなので、「和」の文字を旧書体で書いたものということだそうです。そう言えば和に見えなくもないのですね。

Ccs20107  これまたいつもどおり、ジャズバンドが入り生演奏。さて、本番のアーティストの競演については、その2で紹介しまししょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR ROB ROY ニューウェーブカクテルテクニック

カクテルの本 その36です。

Book77

 今回の本は「BAR ROB ROY ニューウェーブカクテルテクニック」(雄山閣、\1,800+税)坪井吉文著2008年6月初版です。
 最初のシェーカーの振り方が、普通のカクテルシェーカーではなく、ボストンシェーカーなのがおもしろいです。これを見ると、しまってあるボストンシェーカーを振ってみようかな・・・と思いますね。
 オリジナルカクテルの説明だけでなく、スタンダードのカクテルの説明でも作者のこだわりが感じられます。
 このBARで、一度飲んでみたいかも・・・
 今週は訳ありで、週末のカクテルは無しです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年11月 | トップページ | 2011年1月 »