« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »

週末のカクテル101

 7月30日の土曜日、朝5時ころでしょうか、いきなり大音響のカミナリでたたき起こされました。新潟県などで大雨を降らせている天気の影響ですが、一日中曇ったり雨が降ったり、時には晴れ間がさしたりで不安定な天気です。
 この日も夕方から地元の居酒屋に出かけ、帰ってから家飲みです。
 まず、最初はショートカクテルを1杯ということで、連れにオレンジブロッサムを作ったのですが、若干アルコール度数が高めだったので、それはこちらいただき、連れにはジンベースでイチゴのリキュールとレモンジュースを使ってイチゴのカクテルを。2杯目はロングカクテルで、スクリュードライバーを。連れにはバランタインヴァイタリティーの水割りを。最後の締めのつもりで自分には薬草系のリキュール、フェルネットブランカのソーダ割りを飲んだのですが、若干余裕があったので、もう1杯、ジンリッキーで締めました。
 週明けから8月に入りますね。そろそろ夏休みを分散して取る予定ですが、とりあえず、最初の週の後半はホテルニューオータニに一泊してきます。ホテルバーでも行ってみますかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル100

 週末のカクテルシリーズもちょうど100回となりました。「週末の・・・」の他に「ゴールデンウィークの・・」、「ワールドカップを見ながら・・・」、「オリンピックを見ながら・・・」と合わせるとカクテル日誌では約115回くらいですかね。
 7月23日の土曜日、この日は都心に出て、目白田中屋  でウィスキーを買い、その後新宿で買い物、最後は銀座に出て日本酒の専門店へ行きました。ブログでも何度かとりあげたかと思いますが、この銀座のお店、店名は酒の穴 です。普通の居酒屋では飲めない地酒が豊富に置いてあります。日中からランチもやっていますので、4時ころ行ってもOKなので、いつもどおり4時過ぎから早めに入店しましたが、ほとんど予約で満席近い状態でした。
 日本酒をしっかりと飲んで、歩いて新橋まで、自宅に帰ってから家飲みです。
 この日は、ロングドリンクオンリーで、最初はシャルトリューズトニックを。連れには林檎のカクテルを。最後の1杯は、トニックウォーターを1瓶空けたので、ジントニックを。こに日はこれでおしまいです。この日買ったウィスキーも飲んでみたいところですが、これは、最初の酔いがまわらないうちにストレートでいきたいお酒ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

林檎のカクテル

カクテルレシピ その78です。

Cocktail660  カクテル副材料その46のネクターこだわり林檎を使った林檎のカクテルです。レシピは林檎ジュース120、チェリーブランデー30、ライムジュース15 シェイクです。林檎とリキュールでは甘すぎるので酸味をライムジュースで加えてみました。これは結構いけますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イチローズ モルト&グレーン

カクテルのお酒 その63です。

Cocktail657  7月23日の土曜日、都心に出たので、目白の酒屋目白田中屋に行ってきました。

 駅徒歩1分、マクドナルド横の入り口から地下に降りた店です。Cocktail658

 初めて行きましたが、評判どおり。品揃えが豊富ですね。ドラマ「バーテンダー」で相葉君が最初に働いていた店です。迷った末に買ったのがこちら。

Cocktail659  イチローズ モルト&グレーン(\3,080)。ネットで扱っているお店では通常価格\3,500くらいです。
 家まで持って帰ることを考えると、せいぜい2本くらいまで。ただ、他に買い物も予定していたので、アブサンやリキュールも欲しいところでしたが、今回はこれ1本にしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル&なでしこジャパン

 週末のカクテル99です。
 7月16日の土曜日、三連休初日は、なじみの居酒屋に行ってから家飲みです。北海道でかなり飲んできたのですが、家飲みは別。最初はブランデーベースで久しぶりにサイドカーを。連れにはチェリーブロッサムを。ショートカクテルなので、1杯で終わりにしても良かったのですが、最後にロングカクテルを1杯、シャルトリューズトニックでおしまいにしました。
 三連休2日目の17日、日曜日は、翌朝のサッカーワールドカップ女子決勝を見るため、早めに寝ることにして、寝酒にショートカクテルを1杯。自分にはマティーニを。連れにはイチゴリキュールのカクテルにしました。ジンをベースに30ml、ドライベルモット15ml、ルジェ クレーム ド ストロベリー15mlをステアで。甘いリキュールですが、ほどほどの甘さになったようです。

 翌朝は目覚ましをセットしませんでしたが、後半のはじまった頃に起きてサッカーワールドカップ日本VSアメリカを観戦。後半0-0からアメリカに常に先行されつつも同点に追いつき、PK戦。サッカーの醍醐味を全て見せていただきましたが、最後までハラハラドキドキという一戦でした。それでも、優勝して世界一になったなでしこジャパンは凄い!優勝おめでとう!最大文字で賞賛します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バラライカ 続編

Cocktail655  この日の最後は、「カクテルのお店シリーズ」をスタートさせた記念すべきバーです。
 お店はバラライカ 。店名のリンクはバーナビです。第1回のリンクはこちら

 オーナーバーテンダーは中屋健 さん。元NBAの会長です。ここが締めの店と決めて来ていたのですが、なんとかたどり着くことができました。Cocktail656 最後のカクテルは中屋さんのお勧めでモスコミュールをいただきました。

 4年ぶりに来たことや、北海道シリーズの話などをいろいろとさせていただきました。お酒もなくなり、そろそろ帰ろうと思ったころに、中屋さんから「ごちそうしますよ。飲んで下さい。」と言われ、いただいたのがマッカラン12年をストレートで。ほぼ定量に達した頃合いでしたが、じっくりと時間をかけていただきました。結局、この日一番長く滞在したのがバラライカでした。

 最後は、この日最初のお店、ベル・オブ・リンカーン経由で宿泊先に帰りました。また、是非来たい街です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スコッチハウス 1ポイント

カクテルのお店 その94です。

Cocktail653  この日4店目はスコッチハウス 1ポイント です。こちらもお店のHPは無いようなので、バーナビにリンクを貼っておきました。
Cocktail654  外はすっかり夜になりました。お店はこのビルの4階です。入り口の扉は右写真。

 オーナーバーテンダーは菅原一英 さん。CCSのカクテルアーティストです。あいにく菅原さんは所用により不在でしたが、お店の方は女性バーテンダーが切り盛りしていました。ご本人に聞いていませんが奥様のようです。フルーツのカクテルを勧められたのですが、ここは中休みの意味も有りビールをいただきました。

 お店の雰囲気は、オーセンティックバーのような落ち着いた感じはあまりなく、明るいスナックのような、親近感のある空間でした。次の機会にご主人のカクテルをいただきたいと思いつつ、次の店へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カクテルハウス オードヴィー

カクテルのお店 その93です。

Cocktail650  外もだんだん暗くなりつつあるころ、この日の3店目はカクテルハウス オードヴィー です。こちらもお店のHPは無いようなのでサントリーグルメガイドにリンクを貼っておきました。Cocktail651

 こちらから地下に降りたところにお店があります。オーナーバーテンダーは吉田善信 さん。CCSのカクテルアーティストです。

 お店の入り口は左写真のとおり。店名の銘板はシンプルながら、板を2枚組み合わせた立て板に取り付けた洒落た造りでした。デザインにこだわりがあると思います。
Cocktail652

 店内のカウンターの椅子も、少し弾力性がある現代的なデザインの洒落た椅子です。また、テーブル席のソファも室内の照明に良く合っています。先のHPをご覧下さい。

 ところで、いただいたカクテルはマティーニ。マティーニの注文の時は客の好みで作るとの話でしたが、通常のレシピでお願いして、ゴードンとノイリーで。行った時間帯はお一人でカウンターに立っていましたが、お店の大きさからして、一人で切り盛りするには大変そうな座席数でした。
 いろいろとお話をさせていただきましたが、次があるのでここでも1杯のみでした。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2001 Bar Moonlight

カクテルのお店 その92です。

Cocktail647  この日の2店目は2001 Bar Moonlight です。お店のHPは無いようなので、サントリーグルメガイドのリンクを貼っておきました。オーナーバーテンダーは盛田博智 さん。CCSのカクテルアーティストです。行った時間はまだ明るい時間帯。左のビルの地下にお店があります。

Cocktail648  入り口の扉は、オーセンティックバーならではの扉。店の銘板もお洒落です。(写真は最後に)

 ここでも1杯のみと決めたのですが、何を飲むか迷うところです。どこかでマティーニを飲むことになるのですが・・・盛田さんと話をしていたら、「マティーニなら次の予定の吉田さんのところが良いでしょう。」とのアドバイス。マティーニのコンペで優勝経験があるそうです。(吉田さんは「カクテルハウス オードヴィー」のオーナーバーテンダーで盛田さんの先輩)
 アドバイスをしっかりと受け止めて、ギムレットハイボールをいただきました。

Cocktail649  オーナーの盛田さんはホテルでのバーテンダーの経験があるせいか、落ち着いた気品のある話しぶりで、飲む方もゆったりとくつろいで飲めます。お店もこぢんまりとしたお店で私好みですが、なにしろ後があるので1杯で切り上げました。

 今度はじっくりと腰を据えて滞在したい店です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ


こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベル・オブ・リンカーン

カクテルのお店 その91です。

 北海道シリーズの3日目は、旭川へ。CCSのスタンプラリーの店が4店。こちらには必ず行かなければ・・・と思っていたのと、このブログのカクテルのお店シリーズ第1回は、4年前の2007年、旭川のバラライカ ですから、こちらにも行くとなると5店。ハードなバー巡りになります。

Cocktail643 そんな中で最初の1店はベル・オブ・リンカーン です。お店のHPは無いようですので、バーナビにリンクを貼っておきました(バーナビでは17:30からとなっていますが、実際は18:30からのようです)。ビル1階の入り口(写真左)を地下に降りた店で、オーナーバーテンダーは山口啓次 さん。CCSのカクテルエキスパートです。

 開店早々に行ったのですが、あいにくオーナーは1時間ほど後で入店とのこと。チーフバーテンダーの松橋智幹 さんに最初のカクテルをいただきました。これから後のことを考えて、ロングカクテルでジンフィズをオーダー。

Cocktail644 お店の様子ですが、照明をかなり落としています。メニューを見るにはローソクの明かりをもらわないとわからないくらいです。また、バックバーには数多くのミニチュアボトルがあります。 バーナビでは席数が50席。テーブル席もかなりあります。この日のバー巡り最後にもう一度訪問して、オーナーの山口さんに挨拶した時には大盛況でした。人が多いときの雰囲気は英国のパブ風な感じです。

Cocktail645  再びカウンターに座ったものの、お酒を飲むほどの余裕も無く、アブサンのボトルを見せてもらいながら、何か飲もう・・・と考えながら水ばかり飲んでいたのですが、「ホットコーヒーでも落としましょう」という山口さんからお言葉をいただき、結局、ホットコーヒーだけごちそうになって帰りました。
Cocktail646  最後は、ちょっと気になったお洒落なカクテルグラス。写真を撮らせていただきました。

 今度は山口さんのカクテルをいただきたいですね。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ラウンジバー オールドサルーン1934

カクテルのお店 その90です。

 北海道シリーズは2日目。ホテルバーにでも行ってみるか・・・ということで行ったところは札幌の老舗ホテル、札幌グランドホテル。バーは2店あるようですが、行ったのはそのうちの1店ラウンジバー オールドサルーン1934 です。
 ホテルの前を通って、老舗らしい古い建物の感じが良かったので行ってみました。ホテルに面した通りからは、もう1店のバー、「キャラベル」に入ることができます。店の規模からすると、こちらの方が31席とこぢんまりしているので、落ち着いて飲めそうでしたが、オールドサルーンのバーナビの紹介で「初代チーフバーテンダーの故・竹井忠広氏が情熱を注ぎ守り抜いた珠玉のカクテルメニュー」というのが気になってオールドサルーンにしてみました。

 お店は、84席と大変広いのでバーテンダーはとても忙しそうでした。また、「ラウンジバー」とあるとおり、一般のバーのように重厚な扉で閉鎖された空間ではありません。また、時間によってジャズピアノの生演奏があるので、なかなか味わえない空間です。

Cocktail640  まず、最初にいただいたのは、ホテルのHPの紹介にもある「HBA創作カクテルコンペティション2006年第25回大会のグランプリ受賞のカクテル」の(かなで)をお願いしました。(写真左)男性バーテンダーからいただきました。(名刺は交換しておりません)

 2杯目はカクテルブックを見ながらいろいろ考えていたところ、マティーニのレシピが気になりました。バーのオープン当時のレシピでしょうか、ジンとベルモットは1対4とありましたので、近頃のドライ志向からするとベルモットの量が多いです。実際のところどのように出しているのか、聞いたところ、作り手によって皆さん違うようですね。Cocktail641 お店では、通常、ジンはタンカレー、ベルモットはチンザノとのことでしたが、最後の1杯だったので好みの組み合わせ、ビィーフィーターとノイリーでドライに仕上げてもらったマティーニ鈴木泰代 さんに作っていただきました。(右写真、カクテルブックと一緒に撮ってみました。)

Cocktail642  最後は、いただいたコースターです。また、コースターのコレクションが増えました。

 なお、後で、HBAの2010年大会のグランプリも札幌代表、札幌プリンスホテルのバーテンダーだったことを知りました。次回、札幌に行く時にはこちらにも行ってみましょう。
 2日間、充実した札幌でした。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar やまざき

カクテルのお店 その89です。

Cocktail635  札幌での3店目は老舗のBar やまざきです。オーナーバーテンダーは山崎達郎 さん(91歳)。日本バーテンダー協会の最高名誉賞ミスター・バーテンダー を受賞された方です。オーナーは、通常、8時過ぎからカウンターに入るとのことなので、北海道シリーズ初日の最後の予定にしていました。
 お店は、多くの客で賑わっていましたが、オーナーが入るまで若いバーテンダー3名で切り盛りしていました。チーフバーテンダーは、相蘇裕介 さん、他に向井仁美 さん、鈴木明大 さん。前のお店、BAR PROOF 中河さん からの連絡で二人分の予約席を確保いただいていました。店内の雰囲気は照明も明るくて賑やかなパブといった感じです。オーセンティックなバーにありがちな敷居の高い感じは全く感じさせない、親しみやすいバーです。

 お店に入ってからまもなくオーナーがカウンターに入ったので、早速、オリジナルカクテルを注文。最後の締めにふさわしいと思い、フライハイトをいただきました。
Cocktail636 カクテルの本 その33で紹介したオーナーの著書「Bar やまざき」のオリジナルカクテルのレシピでは、ウンダーベルグ20ml、スロージン30ml、白ペパーミント20ml。いずれも材料は我が家の在庫にありますので、今度ホームカクテルで作ってみようと思います。同僚もオリジナルカクテルでトリーベルを。
Cocktail637
 山崎さんの著書も持参していたので、サインをお願いしたところ、快く応じていただきました。(左写真)また、有名な切り絵もいただき、とても感激しました。ちなみに切り絵のナンバーは47,132番です。(右写真)

Cocktail638
 最後はいただきもので、老舗らしいお店のマッチとコースターです。
Cocktail639

 札幌では外せないバーですね。次の機会には、また違ったオリジナルカクテルをいただければと思います。オーナーはじめ、他のバーテンダーの皆さん。ありがとうございました。


良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR PROOF

カクテルのお店 その88です。

Cocktail634  北海道シリーズの2店目でBAR PROOF 。こちらもお店のHPは無いようです。バーナビの紹介もありますが、Bar☆Compassの紹介の方が良いと思いますので、そちらにリンクを貼っておきました。オーナーバーテンダーは中河宏昭 さん。CCSのカクテルアーティストです。お店はこぢんまりとしたところで、バーテンダーとの距離感も近く、オーナーの人柄も明るく親切な方。お店の雰囲気を一言で言えば、親しみやすいオーセンティックバーです。

 最初にお願いしたのは、ドライマンハッタンを。何故かと言うと、all aboutの達磨信さんのコラム夕暮れのドライマンハッタンを見て、機会があればこの1杯を・・・と思っていました。我が家にはオールドオーバーホルトにドランのシャンベリーもあるのですが、パールオニオンを切らしていたので、ホームカクテルでは見送り。たまにバーで、「シャンベリーを置いてますか」と聞いてみると空振りで、しばらく飲む機会がありませんでした。こちらではシャンベリーは2種類あるとのこと。CC(カナディアン・クラブ)にパールオニオン付きで注文しました。(以下、当初と修正有ります)同僚は、後の楽しみ?にとっておいたショートカクテルでグリーアラスカを最初の1杯に。

 2杯目は同僚がアブサンを飲みたいようだったので、私が並んでいるボトルを見てホワイトアブサンのアブサント ヴェルサント ラ ブランシュをお勧めして、これを水割りで。私は後の予定も考えて抑えめにロングドリンクでジョンコリンズをいただきました。
 次の予定は「Bar やまざき」という話をすると、お店に予約の連絡を取っていただきました。感謝です。もう少しお酒の話などしながら飲んでみたかったと思います。個人的には好きなタイプのバーでした。
 追伸:マティーニの通常レシピは、ブードルスとノイリーにオレンジビターズとのことでした。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ドゥ エルミタアヂュ

カクテルのお店 その87です。

 久しぶりのカクテルのお店シリーズ。7月11日から3泊4日で北海道へ行って来ましたが、その北海道シリーズの最初の1店目は、札幌のバーでドゥ エルミタアヂュ です。お店のHPは無いようなので、バーナビにリンクを貼っておきました。オーナーバーテンダーは中田耀子 さん。CCSのカクテルアーティストです。
 場所は札幌の繁華街、「すすきの」の南三西四ビルの10階。エレベーターで10階に降りるとすぐ店内です。ちょっととまどいますが、「扉」は有りません。もちろん、すぐに店内が見渡せるのではなく、間仕切りの壁が正面にあって、そこを回り込んでバーカウンターがあるという作りです。お店の雰囲気は、バーにありがちな重厚な扉がないので、敷居の低い明るいオーセンティックバーという感じです。

 行った時間は開店早々の18時。先日、カクテルの本 その39で紹介した中田さんの本「さしつさされつ」にサインをいただこうと思って持参してきたのですが、オーナーは19時半ころに入店らしいので、本をお店に預かっていただき、後で取りにうかがうことにしました。
 同僚と二人で行ったのですが、オーナー不在中でカクテルを提供いただいたのは齋藤亜有美 さん。この日は3店回る予定だったので慎重に最初の1杯目をチョイス。しかし、いただいたのはいつもどおり定番のカクテルでマティーニです。同僚は中田さんのオリジナルカクテルでノースウェストのソーダ割りをいただきました。マティーニのジンは中田さんのこだわりで、昔のタンカレーの味に近づけたジンということで、タンカレーにゴードンをブレンドしたジン。マティーニに2種類のジンを混ぜるのは宇都宮の「BAR YAMANOI」 以来ですね。同僚は、抑えめにロングカクテルでスタートということですが、せっかくなので、オリジナルカクテルをソーダでロングカクテルにしていただいたもの。ノースウェスト自体はジンベースでシャルトリューズヴェールとライムジュースを合わせたカクテルです。

Cocktail630 続いて2杯目は、ロングカクテルにしておこう、ということでギムレットハイボールを。 同僚は薬草系のリキュールでヴェルヴェーヌ・ヴェレ (左写真)をリキュールグラスでストレートで。ネットでこのリキュールを調べてみましたが、シャルトリューズと同じようにグリーンとイエローがあるような記述を見かけました。店内でボトルを見たときは、照明のかげんでしょうか、鮮やかなブルーに見えましたが、後で撮らせていただいた写真をみるとグリーンですね。

 とりあえず、以上の2杯で締めて次の店へ。Cocktail6313店目のバーに行ってから再び店に戻り、預けていた本にサインをいただきました。 (写真右)サインいただいた本の背景色は実際は青ですが、サインがわかりやすいうようにコントラストを調整してグレーの背景に調整しています。
 同僚はサインの待ち時間でウィスキーを飲んでいましたが、こちらは定量となっていたので、お水をいただいて静かに待っておりました。最後に、記念にいただいた紙マッチをアップしておきます。
Cocktail632 Cocktail633

 今度来るときには、中田さんのカクテルをいただこうと思います。おりがとうございました。

追伸:和紙に筆書きのカクテルメニューブックが秀逸です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さしつさされつ

カクテルの本 その39です。

Book80  札幌のバー「ドゥエルミタアヂュ」 のオーナーバーテンダー中田耀子 さんの本で「さしつさされつ」(柏艪舎(はくろしゃ)、\1,500+税)中田耀子、土倉裕之著、2007年9月初版です。土倉さんはお茶屋の社長。内容は北海道新聞の「おふたいむ」に連載されたコラムとのこと。したがって、どこから読んでもかまわない、気軽に読める一冊です。

 新宿の紀伊國屋書店で、お酒コーナーを眺めていて発見しました。関東近辺の本屋にはなかなか置いてありませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カクテル・コミュニケーション・サークル

 先日のブログで紹介したサークルですが、公式ブログが立ち上がりましたので、ご紹介します。ブログタイトルはカクテルを楽しもう!です。タイトルにリンクも張っておきました。ご参考まで。(サイドバーの「お気に入りのリンク」にもリンクを貼っています)
 「BAR体験ツアー」の第1回、神楽坂の「Sanlucar BAR」 について、メンバーからリポートがアップされています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル98

 7月8日の土曜日、朝から日差しが強い一日。関東地方は梅雨明けになったようです。例年より13日早い梅雨明けで、節電の夏にもかかわらず、暑い日が例年より多くなりそうですね。
 この日は、行きつけの居酒屋で飲んでから家飲みです。まずはロングカクテルでジンリッキーを。連れにはウォーターメロン・オレンジを、この1杯でフルボトルが空いたので、次に買ボトルのスペースが確保できました。次の候補は、シャルトリューズのミルティーユも良いですね・・・最後はやはりシェイカーを振ろう!ということで、ジンフィズを。この日はこれでおしまいです。

 いよいよ来週は北海道です。いろいろと行きたいBARがありますね・・・ブログアップは来週の土曜か日曜になります。ご期待下さい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ブログ7万アクセス達成&最近の活動

 2011年7月にブログ7万アクセス達成しました!これからも少しずつ内容を充実させていきます。
 また、先々月の5月13日はカクテルの日でさまざまなイベントが開催されましたね。私もこの日を記念としてカクテルのサークルを立ち上ました。「カクテル・コミュニケーション・サークル」という名称で略称「C.C.C.」です(C.C.S.と似ていますが・・・)。カクテルの知識を深め、カクテル作りを楽しみ、かつ、カクテルを飲むサークルです。毎月例会を開催する予定で既に6月例会を開催。7月も例会を開催することにしています。例会の他にバーの体験ツアーも企画していますので、いずれ銀座のバーにもメンバーと出没することになるでしょう。
 今後ともよろしくお願いします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ルジェ クレーム ド ストロベリー

カクテルのお酒 その62です。

 久しぶりのお酒です。最近新しいお酒を買っていなかったのですが、ミニボトルなら・・・ということで買い足したのがこちら。

Cocktail629  ルジェ クレーム ド ストロベリー200ml (678円)。イチゴのリキュールはあまり飲んだことが無いのですが、色に惹かれて買ってみました。本当は既に切らしたアプリコットのほうが欲しかったのですが、ミニボトルはなかなか店頭に置いてありませんね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ネクターこだわり林檎

 カクテルの副材料その46です。

Cocktail628

 前回に続いてネクターのジュースです。こちらはネクターこだわり林檎 (88円)。近くのスーパーで買いました。我が家では桃ジュースが主流ですが、不二家のネクターということで品質が良さそうなので、試しに買ってみました。カクテルもいろいろと使えると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル97

 7月2日の土曜日、最近、暑い日が続いていますね。この日は地元の日本酒専門店に行って、帰ってから家飲みです。たまに行くこの日本酒専門店ですが、ここでは普段飲めない日本酒がいろいろと有ります。特に裏メニューは「2杯目から」になっていて、店長さんが2杯目を頼むころに裏メニューを出してくれます。今回は裏メニューで4種類ほどいただきましたが、なかでもおいしかったのは、スーパーくどき上手磯自慢青春磯自慢青春は「5件の酒屋のためだけに造られた純米吟醸」とのこと。よく入手されていますね。

 ところで、この日はかなり日本酒も飲んだので、締めのカクテルとしてロングドリンクを1杯。自分にはイエガーマイスターのソーダ割りを。連れには紅茶のリキュール、ティフィンのウーロン茶割りを。余力を持って帰ってこないとショートカクテルは作れませんね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年6月 | トップページ | 2011年8月 »