« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

バーテンダーハンドブック

カクテルの本 その55です。

Book100  今回は1冊、「バーテンダーハンドブック」(ナツメ社、\1,800+税)です。HBA会長渡邉一也監修、2012年3月29日初版です。初版の日付前の24日に書店に並んでました。実は同じ渡邉さん監修のバーテンダーパーフェクトガイド(同じくナツメ社でこちらは\2,000)を買おうと思って本屋に行ったのですが、こちらの方が平積みで置いてあり、内容を比較するとほとんど同じでした。サイズは一回り小さくなっている分安くなっているのかもしれませんが、新しい方が良いかな?と思ってこちらを購入。ただし、使っている写真はパーフェクトガイドとほとんど同じなので、それなりに古い写真です。副題にもあるとおり、「プロの技術と知識がわかる」本です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル123

 3月24日の土曜日、暖かくなり始めても良いころなのですが朝からの雨のせいか寒い日でした。それでも、夕方には晴れてきて、この日は焼酎のボトルを入れている行きつけの居酒屋へ。最近、日替わりのサービスを始めていて、この日は日本酒1合を注文すると2倍の2合にサービス。日本酒も少しいただいて、帰ってから家飲みです。
 この日はかなり飲んできたので、カクテルは1杯のみ。バーボンウイスキーのイーグル・レアを使ってマンハッタンを。連れも同じものを作りましたが、やはり、というか飲みきらずに定量に。やっぱり、水割りかソーダ割りでロングにした方が良かったですね。
 前日の金曜日から春の人事異動に伴う送別会でしたが、週明け、これが何日か続きます。しばらくバーには行けませんが、桜が満開になるころ、大森のテンダリーに行ってみたいですね。東京の開花は来週あたりでしょうか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お彼岸のカクテル

 3月20日の春分の日は火曜日なので、19日の月曜日を休めば4連休です。
 ということで、今年初の1日休暇を取って4連休となった初日の17日土曜日は映画を見てから夕方には居酒屋へ、帰ってから家飲みです。この日はロングカクテルシリーズで最初はシュウェップスのトニックウォーターを使ってシャルトリューズトニックを。連れにはいつもの桃のカクテルを。2杯目はネオプレミアムジンジャーエールを使ってモスコミュールを。このプレミアムジンジャーエールを使うと、かなり本格的なモスコミュールになります。こちらはお勧めですよ。最後は残りのトニックウォーターを使ってジントニックを、連れにはイーグル・レアの水割りを。この日はこれでおしまいです。

 次の18日の日曜日はお酒は一日お休み。お酒のボトルの整理をしていたら、冷蔵庫から出てきたシュウェップスの空き瓶に黄色みがかった液体が・・・そうです、ローズ社のライムジュースでした。小瓶に取り分けて冷蔵庫に入れていたもの。次はこれだな・・・

 翌、19日の月曜日は、午前中は良い天気に恵まれ、合羽橋で買い物。その後、六本木ヒルズ、東京駅大丸と回って、その後、新橋の日本酒専門店と居酒屋をはしご。帰ってから家飲みです。この日は、かなり飲んで来たので1杯だけ。ローズ社のライムジュースとプリマスジンネイビーストレングスを使ってギムレットを。連れには桃のカクテルを。

 ひさしぶりの4連休でしたが、かなり忙しい日が多かったですね。今度は時間を作って、フレッシュフルーツのカクテルでも作ってみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コンパクトブレンダー

 今回はミキサーです。
 レコルトのコンパクトブレンダーで、recolteソロブレンダー(3,600円)です。東急ハンズで購入。

Cocktail748  ジューサーミキサーは以前から1台有るのですが、今回のコンパクトブレンダーの良いところは、上のボトルを外せばそのままタンブラーとして使えることでしょうか。

 本格的な使い勝手を考えるならば、こちらよりは価格が高いのですが、いろいろな使い方ができるマジックブレットデラックスの方が良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ハンドジューサー

 今回は合羽橋で買ってきたハンドジューサー(2,520円)です。

Cocktail747  フレッシュフルーツを使ったカクテルでは、ペストルで潰したり、ミキサーで攪拌したりしますが、フルーツによってはそのまま潰した方が良いものもあります。例えばスイカであれば、種が付いていますので、それを潰さず、砕かず、ということであればハンドジューサーで圧縮してジュースを取る方が良いでしょう。合羽橋価格というこで格安。○急ハ○ズでは、2,900円台でした。本体に受け皿を置き、ステンレス製のアミに果肉を入れて受け皿の上にセットし圧縮、本体にジュースを搾り取ります。ものによっては白いネットに入れて使います。これはなかなか重宝しそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

合羽橋 2012年

Cocktail743 3月19日の月曜日は飛び石連休の谷間で久しぶりの休暇を取り、4連休。午前中は天気も良く、合羽橋に行ってきました。

 合羽橋の入り口は、ニイミ洋食器店。コックの人形もこのブログでは2回目?の登場です。

 Cocktail744 この時期、梅の季節ですね、。最初は行安寺の白いしだれ梅です。柵で近づくことはできないのですが、そばに寄ると、かすかに梅の花の香りがしていました。
 もちろん梅を見に来たわけではありませんが、この先をさらに進んだ清水寺にも梅があります。こちらは赤い梅です。

Cocktail745  さらに、先に進むと合羽橋の交差点に出ます。ここから浅草方面をみると、通りの間から東京スカイツリーが見えます。

 通りから真っ直ぐ突き抜けたところにあるので、全体像をかなり良くみることができます。Cocktail746

 ところで、合羽橋には買い物にきたので、いろいろと買い物はしたのですが、その一部はカクテルの用品のところで紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル122

 3月10日の土曜日、ここのところ不安定な天気が続いていますが、この日も朝から雨模様でした。雨の中、品川まで車で出かけて買い物、夕方には雨も上がり、なじみの居酒屋へ行ってから家飲みです。
 先週のようにショートカクテルは飲めないかな・・・ということでロングカクテルを。最初はイチローズモルトのソーダ割りにしました。ただ、このお酒はやっぱりストレートか水割りの方が良いですね。ソーダだと角が立つというか、口当たりがしびれるようなきつい感じがします。連れにはオレンジジュースとリキュールを使って、アマレットオレンジを。2杯目はウイスキーではなくリキュールにして、シャルトリューズのソーダ割りを。連れには同じくオレンジジュースを使ってアプリコットオレンジを。

 先週のユーチューブのアップですが、寅谷さんの動画なのに、動画のサムネイルが毛利さん。ユーチューブはあまり使いこなしていないのですが、とりあえず、「動画の管理」画面から表示される動画のサムネイルを3パターンから選んで変更できるらしいです。とりあえず、変更作業をしてみました。変更が反映されるまで数時間かかるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カクテルの街 はちのへ by BAR 52nd 寅谷幹夫

 

 満を持して登場?ということでもないのですが、八戸市の広報番組にBAR 52nd寅谷幹夫 さんが出演されたので、そのカットをユーチューブにアップしました。
 1月23日にBar 三石 でばったり寅谷さんと遭遇。前日がPBOのボーリング大会で上京されていて、月曜日は地元のお店を休みにしたのでしょうね。後でテンダーに行ってわかりましたが、その前にはテンダーへ行き、八戸市長杯カクテルコンペにゲスト出演された上田和男 さんへ御礼挨拶に行っていたようです。同じくゲスト出演された宇都宮の山野井有三 さんからも当時の聞いていましたが、他に毛利隆雄 さんも出演されていて、震災復興チャリティーイベントが行われていたとのこと。著名バーテンダーのカクテルがその場で作っていただいて飲める権利をオークションするイベントだったようです。その内容はこちらのページから。美人すぎる市議、藤川優里さんのブログのリンクをたどって下さい。
 八戸市長杯のカクテルコンペについては、山野井さんから「フレアーの時間が長くてね・・・」という話を聞いてましたが、上田さん曰く、「フレアーもクラシックも演技の時間は同じくらいだけど、フレアーは準備の時間がかかるから、時間が長く感じるんだろうね」とうかがいました。実際にフレアーは見たことが無いのですが、話をうかがうとそれも納得。機会があったらフレアーも見てみたいですね。八戸の小林市長は私の先輩にあたりますが、今年は八戸市長杯に行ってみようかな・・・
 寅谷さん、アップが遅くなりましてすみません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お酒でおいし~く酔える本

カクテルの本 その54です。

Book99  今回は雑学的な本です。「お酒でおいし~く酔える本」(河出書房新社、\476+税)博学こだわり倶楽部偏、2012年2月初版です。KAWADE夢文庫の文庫本3冊を再編集したもの、とのこと。
 500円で買える「ワンコイン本」として売り出しているシリーズのようですが、ちょっとしたコラム的な短い話がてんこ盛り。どこから読んでも良いので気軽に持ち歩いて電車の移動中に読んでみるとか、暇つぶしにも良いと思って買ってみました。
 今度はもう少しまじめな本を買ってみようかと思います。ちょっと気になる本もあるんですよね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル121

 3月に入り、春が近づいてきたせいか天気の方も不安定になりがちです。2月29日は都心でも雪でしたが、3日の土曜日は良く晴れた日になりました。この日は夕方から買い物に出かけ、その足でなじみの居酒屋に行き帰ってから家飲みです。
 火曜日にキスリングで飲んだボンベイサファイアのマティーニが良かったので、同じようにボンベイサファイアとドランのシャンベリーでマティーニを作ってみました。ボンベイサファイアは懸賞で当たったミニボトルですが、マティーニ1杯分くらいなら作れる量が残っていました。ジンは常温保存ですし、当然、プロの味には及びませんが味はまずまず。このレシピのマティーニも良いですね。連れには、ネクターまろやか白桃を使っていつものとおり桃のカクテルを。この桃ジュースですが、先週は、いつも買いに行くスーパーで品切れでした。これがなくなると我が家は困るのですが、今週は在庫が復活していました。できれば通年で販売して欲しいものです。
 ところで、居酒屋で飲んでからマティーニはきついですね。この日はカクテル1杯で定量になり、これでおしまいです。やっぱり、最後はロングカクテルの方が軽くて良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Y&M Bar KISLING その4

 銀座シリーズで2店目は「Y&M Bar KISLING」 です。

 2月末までのCCSカクテルチケットは残り1枚で2月最後の週になりました。平日は残り3日間。28日の火曜日にしばらくご無沙汰しているバーにしようと思い、キスリングへ行きました。翌29日は朝から東京は雪だったので、その前に行ったのは正解ですね。ブログでは「5周年」以来の4回目。火曜日のマスターは阿部信夫 さん。他のバーテンダーで鈴木俊矢 さんは、昨年のサントリーのカクテルコンペで入選されました。本人は「出場しただけ」と言っていましたが、入選は立派です。また、今回はバーテンダー川端亨 さんにも挨拶させていただきました。鈴木さん同様、コンペでの活躍を期待しています。

 まず、いただいたのはいつもどおりマティーニを。 ベースのジンはボンベイサファイア。これにボンベイドライジンを少し加え、ベルモットはドランのシャンベリードライ。ボンベイは最近注目しているジンで、 またシャンベリーも良いですね。阿部さんのマティーニも進化を続けていると思いました。

 いつもながら迷う2杯目は、阿部さんからモスコミュールの提案があたのでお願いしました。Cocktail740 こちらのカクテルもさらに進化中で、レシピは生姜を漬け込んだウォッカはいつもと同じですが、他に生姜のリキュールを少々、さ らに、生姜の粉末を加えてシェイクしてタンブラーに注ぎ、ライムを絞り入れ、パノコのジンジャービアで満たして軽くステア、ミントの葉を飾った一品。抜群に美味しいです。通常は銅製のマグカップにビルドで作ります。以前は吉田さんから、このバージョンでいただいた記憶があるのですが、今回は新バージョンですね。
Cocktail741  ところで、生姜のリキュールはザ・キングス・ジンジャーリキュール。生姜の粉末は高知県のアンテナショップで入手されたようです。それぞれ味見をさせていただきました。それぞれ物欲をそそる一品でした。

 最初は2杯で帰るつもりだったのですが、話もはずんで最後にもう1杯。こちらも阿部さんの提案でギムレットをいただきました。こちらはフレッシュのライムジュースを使いますが、甘みはモナンのコーディアルライムでジンはゴードン。最近、自分で作るときはエトナのライムジュースと甘みはカリブを使っていますが、エトナのコーディアルライムも良いですね。それにしても、最初のマティーニ、最後のギムレットといい、何故にメジャーカップを使わずに、カクテルグラスの表面張力一杯まできっちりとした量を作れるのでしょうか。Cocktail742

 ところで、阿部さんはHBAの幹部なので、ホテルのバーテンダーにはとても詳しく、私が行ったホテルバーの話をすると、打てば響くで、「○○は居ましたか?」など、すぐバーテンダーの名前が出てきます。とても楽しく話ができました。
 また、阿部さんが新潟を訪問される、とのこと。昨年チャンピオンカクテルをいただいた「すいとんや」などをご案内しておきました。オーナーの古川さん、もしかしたら訪問があるかもしれませんよ。お店はバーではありませんが・・・

 最後に、パーティーで何度かお会いしたCCS一般メンバーのSさんとばったり会いました。私はちょうど帰るときであまり話はできませんでしたが、次のCCSパーティーでもよろしくお願いします。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テンダー その6

 銀座シリーズという訳ではないのですが、銀座のバーを続けて2店。まず最初は何度もアップしている「銀座テンダー」 です。 CCS一般メンバーのカクテルチケットが、2月末の期限で2月下旬になっても残りが2枚。これは銀座に繰り出さなければ・・・ということで行ってきました。

 2月22日(猫の日)の水曜日 、開店早々に一番客で入りました。いつもどおり最初はマティーニを。次の2杯目は、これまたいつも迷うのですが、今回は上田和男 さんのカクテル手帳スマートフォン版を見ながら、オリジナルカクテルにしようと決めました。オーダーしたのは色合いも鮮やかなキングスバレイを。レシピはスコッチウイスキー4/6、ホワイトキュラソー1/6、ライムジュース1/6、ブルーキュラソー1/6をシェイクです。緑色の材料を使わずに緑色を出すカクテルで、もちろん味も抜群。1986年第1回スコッチウイスキーカクテルコンテスト優勝作品です。

 そろそろ、CCSのパーティーの時期が決まる頃かと思い上田さんに予定をうかがったところ、明日の打合せで決めるとのこと。場所は、昨年同様帝国ホテルのアクアに、開催日は例年どおり日曜日、まで決まっているそうです。
 その他、いろいろと話をしてこの日は2杯で切り上げ、残りのチケットは翌週へ・・・

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »