« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

カウンターの中から見えた「出世酒」の法則

久しぶりに本の紹介で、カクテルの本その59です。

Book105  最近刊行された本で「カウンターの中から見えた「出世酒」の法則」 仕事が出来る男は、なぜマティーニではなくダイキリを頼むか、という副題付き(講談社、\838+税)古澤孝之著、2012年6月20日第1刷。古澤さんは大阪リーガロイヤルホテルのマスターバーテンダー。こちらのホテルのメインバー、リーチバーには2年前に行きました。最上階の星空というバーも良かったですね。
 気になる副題の内容ですが、それを話すとネタバレになりますので興味の有る方は買って読んで下さい。一応、話の内容は個人的には納得しましたが、やっぱりマティーニが好きだ!というのが結論かな。(写真は、背景の地が光をよく反射するので、デジカメで撮った時の影が映り込んでいます。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル141

 9月29日の土曜日、今月2回目の映画を見てから夕方には居酒屋へ。帰ってから家飲みです。
 この夜はNHKで矢沢永吉の特番「63歳のメッセージ」をやっていて、エイちゃんがジンライムの話をしていました。話の筋はこんな感じ。「横浜でライブに出ていた時に初めてもらったチップで、普段客が旨そうに飲んでいるカクテル、ジンライムを別の店で飲んでとても旨かった。ジンライムを飲みたい時飲めるようになりたい!と思った。今は飲めるんだけどその時のジンライムじゃない。シロップのライムが良いんだよ!だいたい店の人は、うちではフレッシュライムを使っていまして・・・じゃないんだよ。シロップのライムなんだよ!」という話。これってわかるよね。旨いと思った時のカクテルが飲みたい!という気持ち。
 そんな訳でもないですが、この日最初の1杯はギムレットを。通常、ギムレットはエトナの100%ライムジュースにシロップはカリブ、ジンはゴードン(47℃)です。しかし、この日は冷蔵庫の奥にしまってある残りわずかとなった秘蔵のローズ社ライムジュース、ジンはプリマスジンネイビーストレングス(57℃)。ローズのライムジュースはシロップのライムです。これもたまに飲むと良いですね。シロップの甘さが・・・連れには、買ったばかりの信州ナイアガラミックスというジュースにウォッカを使ってぶどう(ナイアガラ)のカクテルを。ウォッカだけでは一味足りような気がしたのでサザンカンフォートを1tsp入れてみましたが、これもなんとなく違うな・・・何か足りない。
 2杯目からは矢沢永吉の番組を見ながらウイスキーが合うかな・・・ということで、バーボンウイスキーのイーグルレア10年のハイボールを。最後はスコッチウイスキーとドランブイで、ラスティネイルを。最後にしては度数がちょっと強すぎたな・・・今度は軽くしておこう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はじける夏のフルーツフレッシュ、信州ナイアガラミックス

カクテルの副材料 その59です。今回はジュースを2本。

Cocktail816  最初はトロピカーナのシーズンベストシリーズ、夏限定版で、はじける夏のフルーツリフレッシュです。夏もそろそろ終わり頃ですが最近買ったので。中味はりんご、パインアップル、グレープフルーツとパッションフルーツ。これだけまざるとどんな味だか想像がつきません。

Cocktail817  次はカゴメの野菜生活100シリーズで信州ナイアガラミックスです。こちらはフルーツは3種類、りんご、レモン、ぶどう(長野産ナイアガラ)ですが、他に野菜が21種類入っています。こちらは野菜が加わっているのでどんな味なんでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル140

 9月22日の土曜日、暑さも一段落してきて、天気も変わりやすくなってきました。晴れたり曇ったり雨が降ったり・・・この日もなじみの居酒屋に行ってから家飲みです。
 最初の1杯は、入手したばかりのフレッシュジンジャーエール オリジナルを使ってモスコミュールを。味の方はまずまずですが、何か一味足りないような・・・連れには、いつもの桃のカクテルを。2杯目はジンジャーエールが残っていましたが、そちらはストレートでチェイサー代わりにして、ショートカクテルでギムレットを。ストレートで飲んだジンジャーエールですが、なんとなく龍角散の後味がすることがわかりました。連れは2杯目も同じ桃のカクテルでこの日はおしまいです。
 日曜日も雨になりましたが、これから少しは秋めいた天気になりそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モスコミュール

カクテルレシピ その86です。

 これまでかなり飲んでいるカクテルですが、モスコミュールです。既に取り上げていたかもしれませんが、ページ内検索では見あたらない?これから整理してみますが、タイトルもカクテル名にした方が良いようですね・・・

Cocktail815  本来なら銅製マグカップに入れるところですが、持ち合わせがありません。レシピはウォッカ45、ライムジュース15、ジンジャーエール適量 ビルドです。銅製マグよりはロックグラスの方が色合いはわかります。でも、やっぱり銅製マグカップが欲しいところです。
 ジンジャーエールは先日成城石井で購入した>フレッシュジンジャーエール オリジナル。味はジンジャーの辛みがかなりある方です。遠くにちょっと特徴的な味を感じてはいたのですが、ストレートで飲んでみた連れの感想の一言、「龍角散だね」と言われて納得。カクテルにしたところでは、個人的にはn.e.oプレミアムジンジャーエールの方が好みです。ただ、こちらもそれなりに美味しいカクテルになりますよ。

良かったらバナーを押して下さい。


カクテル ブログランキングへ

こちらも押していただけると幸です。

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

フレッシュジンジャー ジンジャーエール オリジナル

カクテルの副材料 その58です。

Cocktail813  久しぶりの副材料ですが、今回は成城石井で購入したフレッシュジンジャー ジンジャーエール オリジナル355ml(299円)です。アメリカ直輸入品で100%生の生姜を使用しているとのこと。
 ジンジャーエールは、以前、n.e.oプレミアムジンジャーエールを取り上げました。こちらは少量で1杯分として使うには使い勝手が良いサイズでしたが、こちらは355mlありますので、1杯というわけにはいきません。Cocktail814 また、こちらの商品もn.e.oプレミアムジンジャーエールと同様に生姜の沈殿がみられます。
 蓋は一見、栓抜きであけるタイプのように見えますが、ツイストキャップとのことで、ひねって開けるようです。注意書きには「タオルで被せるなど、手を切らないように・・・」とあります。
 さて、モスコミュールで何杯分あるでしょうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル139

 9月に遅めの夏休みを取ってディズニーシーに出かけましたので、マイホームで飲んだのは14日の金曜日と16日の日曜日でした。
 まず、14日は、地元で魚料理が自慢の居酒屋へ。帰ってから家飲みです。自分には、ロングカクテルで1杯目はジントニックを。連れにはグレイハウンドを。グレイハウンドはブルドッグとも言いますが、ソルティードッグから塩を抜いたもの。2杯目はトニックウォーターの瓶を開けたので、ディズニーシーでも飲んだシャルトリューズトニックを。この日はこれでおしまいです。
 次の16日は、映画を見てから、焼酎のボトルを入れてある居酒屋へ。帰ってから家飲みです。ペースを押さえて飲んできたので、最初の1杯はショートカクテルでホワイトレディを。連れにはピーチリキュールとオレンジジュースを使って、ファジーネーブルを。2杯目はソーダ系が飲みたくなり、自分にはギムレットハイボールを。連れには久しぶりに桃ジュース、ウォッカ、アプリコットリキュール、レモンジュースを使って桃のカクテルを。最後に1杯分だけ残っていたスコッチウイスキーバランタインバイタリティーの水割りを。スコッチウイスキーが切れたので、何か買ってこないといけませんね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホテルオークラ東京ベイ バーコーナー続編

 9月に取った遅めの夏休みでディズニーシーに行ってきましたが、定宿という訳でもありませんが、宿泊はホテルオークラ東京ベイ。こちらのテラスには、バーコーナー があり、2年ぶりに行きました。

Cocktail812  ディズニーシーでもカクテルを飲んできましたが、ここはホテルバーなので本格的に(?)カクテルを。まず、最初の1杯はマティーニを。ディズニーシーでは飲まなかったカクテル。ここではジンをタンカレーに指定してオーダー。ただし、ドライでオーダーしなかったのでベルモットは多め。ジンを指定したわりに、オーダーミスでした。連れはディズニーシーでも飲んだバランタイファイネストの水割りを。

 2杯目はロングカクテルでシャルトリューズトニックを。連れはショートカクテルでコスモポリタンを。

 おつまみはポテトフライにしましたが、こちらは分量がかなり多いです。これだけあれば、他のつまみはいらないくらいです。
 前回行った時には客数がほとんどなかったので、バーコーナーが存続するのかどうか、やや心配でしたが今回はかなり盛況でした。これだけ客数が入れば、このバーコーナーも残していただけるでしょう。ちょっと安心しました。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

マゼランズ・ラウンジ

カクテルのお店 その135です。

 ディズニーシー の2店目はマゼランズ・ラウンジです。

Cocktail810  こちらはで、カクテルを1杯のみ。自分にはホワイトレディを。連れは好みのリキュールとジュースのカクテルというメニューから選んだ組み合わせで、パッソアオレンジを。おつまみは、チーズとクルミとベビーリーフのサラダを。

 こちらのカクテルメニューはテディ・ルーズヴェルト・ラウンジよりも品数が多いです。また、好みのリキュールとジュースを組み合わせていただけるので、カクテル好きな方、また、リキュールについてもある程度知識がある方にはお勧めです。
 また、フローズン系はフローズンダイキリとフローズンブルーダイキリだけだったと思います。ブルーダイキリはブルーキュラソーかブルーシロップで色づけしただけなので、フローズンだけならテディ・ルーズヴェルト・ラウンジの方がお勧めです。

Cocktail811

 最後は、こちらもコースターを。絵柄は何かを意味しているはずですが。こちらはよくわかりません。左側には「EXPLORATIO」とありますが、「N」が隠れているとして「探検」という意味だと推測します。また、右側「CONTINUA」とありますが、こちらも「L」が有るとして、「絶え間のない」という意味でしょうか。いずれも一文字無いのは何故でしょうかね?

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

テディ・ルーズヴェルト・ラウンジ

カクテルのお店 その134です。

 タイトルの店名を見て、どこの場所かかわかる人もいるでしょう。

Cocktail806  今回はバーですが、場所はディズニーシーです。最初のお店はテディ・ルーズヴェルト・ラウンジ です。カウンター席もありますが、今回はソファー席に座りました。
 園内を回って疲れたころに一休み。最初はカクテルではなく喉が渇いていたので生ビールを。連れはウイスキーでバランタイファイネストの水割りを。おつまみは、カマンベールチーズのフォンデュ、ガーリックトースト添えを。こちらは結構お勧めです。

 2杯目はカクテルにしようと思いメニューを見るとカクテルは740円からでリーズナブルな価格。マティーニは840円でこちらも安い。ただ、ジンは何を使っているかわからないのと、ここでジンを指定するのもいかがなものかと思い、ここではマティーニを避けてオリジナルモスコミュールを。Cocktail807 普通のモスコミュールもありましたが、若干価格が高めのオリジナルにしてみました。オリジナルの方は生の生姜を使っている、とのことです。カップも普通にバーで飲むモスコミュールと同様に銅製カップですね。連れは、2杯目もウイスキーで飲んだことが無い、クラウンロイヤルの水割りを。こちらはカナディアンウイスキー。

Cocktail808 おつまみ二品目は、オリーブの盛り合わせを。こちらもなかなか良いです。

 カクテルのメニューについては、他の店にも行きましたが、品数は少なめです。ただし、フローズンカクテルは、ダイキリ系(?多分)でフローズンストロベリーダイキリ、フローズンバナナダイキリがあって、このメニューはこちらの店だけでした。夏場の暑い時期にはフローズンカクテルもお勧めです。Cocktail809

 最後はコースターを。中央にはアルファベットの「T」と「R」をかたどっているようです。
 通常、バーに行くと店内撮影はできませんが、こちらは観光地の施設内なので、ウェイトレスに頼めば写真を撮ってもらえますよ。
 ここでは次にもう1店行きましたので、それは次に。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

残暑見舞い 2012 その2

2012年の残暑見舞い その2です。

Cocktail805  9月の半ばですが今年の夏は暑いですね。札幌のBAR PROOF中河宏昭 さんから残暑見舞いをいただきました。
 いつもながら、写真のチョイスが良いですね。札幌に行く機会がしばらくなのですが、行く機会があったら必ず寄りたいバーです。
 今年は札幌も暑いのでしょうかね・・・
 遅い夏休み中なので平日にアップしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

絵里香 白州ハイボールフェア

Cocktail804  銀座の絵里香中村健二 さんから、白州ハイボールフェアの案内をいただきました。期間は9月10日(月)から21日(金)までです。10日の週は遅い夏休みを取るので行けませんが、翌週も休み明けだと難しいかもしれません。しばらくご無沙汰なので行ってみたいとは思いますが・・・このブログを見ていただいている方にご案内させていただきます。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

酒肆 遊行庵

カクテルのお店 その133です。

 仙台のお店3店目は酒肆 遊行庵 です(リンクはバーナビ)。バーテンダーは藤原正典 さん。このお店は札幌のドゥ・エルミタアヂュ中田耀子 さんの会社が経営されているとのこと。札幌では中田さんのバーにも行き、著書にサインをいただきたましたね。

Cocktail802  こちらの最初の1杯は、ショートカクテルを飲んできたばかりなので、ロングカクテルでジンフィズを。

 すでにマティーニは飲んできたので、2杯目を何にするかということで相談したところ、モヒートの提案がありました。「今日、1杯目に飲んでるんですよね」と言うと、「うちのは違いますよ。今日はミントではなくイエルバブエナ(右写真)を使ったモヒートです。キューバのモヒートではこちらが使われていますが、ちょうど入荷があるので是非に」とのこと。Cocktail803
 これは今まで飲んだことが無いので、この日2杯目のモヒートをオーダー。こちらはペストルで潰していると、ハーブの強い香りが伝わってきました。離れたテーブル席にもう一組居たのですが、そちらでも話題になっていて、かなり強い香りが伝わっていたようです。味の方も申し分なくとても美味しいモヒートでした。時期も限られているのかもしれませんが、これは是非入手したい一品です。

 この日はこれで切り上げて、秋田、仙台シリーズはおしまいです。

 最後に最初のトレゾアとアルカンシェルでお勧めバーを記入いただいたメモ入りですが、国分町の地図を貼り付けておきます。こちらです。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR arcenciel

カクテルのお店 その132です。

 前日のトレゾアで教えていただたいた店のうちの1店、仙台のバーで2店目は、BAR arcenciel」(アルカンシェル) です(リンクはバーナビ)。オーナーバーテンダーは石垣隆史 さん。東京の霞ヶ関ガスライトで毛利さんと一緒にバーテンダーをされていたとのこと。トレゾアから国分町の通りを一本道で、途中に「LE BAR KAWAGOE」というバーも紹介いただきましたが、こちらは2階の店舗のせいか見逃してしまったので、その先のビルの地下にあるこちらに店に入りました。

Cocktail801  こちらでの最初の1杯はモヒートを。ミントの葉はペストルで潰すのではなく、バースプーンの裏面でていねいに押さえて香りを出します。ペストルだとえぐみが出やすいから、とのこと。仕上げは最後にミントの葉を浮かべてパウダーシュガーを振りかけます。見た目も良い感じです。

 2杯目は、ブードルスの毛利マティーニが飲めると思い、マティーニを。石垣さんのマティーニはブードルスとシャンベリーで毛利マティーニと材料は同じですが、シャンベリーはしっかり目に入れます。これはこれで良い味を出しています。
 こちらでも、お勧めのお店をうかがったので、次はそちらへ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocktail bar 杜恋想哀

カクテルのお店 その131です。

 秋田、仙台シリーズ後半は仙台です。最初の店はCocktail bar 杜恋想哀」(トレゾア) です(リンクはバーナビ)。上田和男さんのカクテル手帳で宮城県で唯一掲載されているバー。オーナーバーテンダーは坂詰雅典 さん。

Cocktail800  仙台は昭和58年から2年間、仕事で住んでいたところで、そのころにはバーに行くこともありませんでしたが、国分町にはよく行きました。昔あった一番町のフルーツショップやラーメン屋の「味よし」も未だに健在で懐かしいですね。

 まず、最初にいただいたのは、坂詰さんお勧めのハイボール。期間限定のニッカウヰスキー伊達を使った伊達ハイボールを。宮城県にはニッカウヰスキー仙台工場宮城峡蒸留所があります。こちらの限定品ですね。ハイボールにはエスプーマでウイスキー味の泡を浮かべます。一見ビールのようになりますが、この泡がアクセントで良い感じです。最近のカクテルのトレンドもしっかりフォローしていてバーテンダーの心意気を感じる一杯です。

 続いて2杯目は、マティーニをお願いしたところ、オリジナルの和風マティーニがあるとのことで、そちらをいただきました。紫蘇マティーニです。通常のジンのボトルの他に、別の瓶で、おそらく紫蘇を漬け込んだジンを加えます。紫蘇マティーニとか和マティーニとか言われているようで、ネーミングをリクエストされたましたが、これは味からして紫蘇マティーニで良いでしょう。

 最後、3杯目は締めのジンリッキーを。こちらは、特別な氷で、グレープフルーツ味の氷を使っていただきました。カクテルに1杯に様々な工夫を加えていただきました。わかる人に是非飲んでいただきたいカクテルの数々。カクテル手帳に紹介されている意義がよくわかるバーですね。

 カクテルの後は締めにゼリーのデザートをいただきました。こちらの名物のようですが、紹介されているブログがあるので、そちらにリンクを貼っておきましょう。百聞は一見にしかず。詳しくはこちらで。仙台初日はこの1店のみ。お勧めの2店を紹介いただきましたので、2日目はそちらのお店へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

THE BAR 1980

カクテルのお店 その130です。

 秋田、仙台シリーズの5店目。秋田では最後のお店でTHE BAR 1980 です。オーナーバーテンダーは横井正剛 さん。NBA秋田県本部副支部長です。なにやらNBA幹部のバーばかり巡ってきたようですが、CCSの佐藤さんとも皆さん仲が良いようで、行った先々の店で、今日は免許の更新で一緒だったので開店前だが店には居る、とか、先ほど開店前に会ってきたけど○○していたとか・・・皆さん同業者の横つながりが良いですね。

 お店はカウンターが10席の他、二人が座れるテーブルがあり、これまでの店の中では比較的こじんまりしたお店です。店の売りとしてはフルーツのカクテルのようです。
 ここでは、ほぼ定量に近いくらい飲んで来たので、最後の締めの1杯モスコミュールを。いろいろと焼きそば情報聞いて来たのですが、確かこちらで教えていただいた焼きそばが食べられる居酒屋で食事をすることにして、こちらを後にしました。
 以上でとりあえず、前半の秋田シリーズはおしまいです。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR ル・ヴェール

カクテルのお店 その129です。

 秋田、仙台シリーズの4店目。「BAR ル・ヴェール」 です。オーナーバーテンダーは佐藤謙一 さん。銀座から秋田に戻って、銀座の時と同じ店名でバーをオープンされました。

 外からみるとオーセンティックバーにふさわしい重厚な扉があって、そこを入ると、秋田にいながら銀座のような空間です。店内はカウンターのみ。ゆったりとして落ち着いた空間で、最初の1杯と決めていたカクテルをオーダー。最初にいただいたのは、マンハッタンです。

 CCSのコンペの話などして、最後の1杯のつもりで2杯目をオーダー。2杯目は銀座でもいただいたマティーニです。強いカクテルなので、バー巡りをするときはこれをどこで飲むかが問題。今回は最初からル・ヴェールで、と決めていていました。さすがにショートカクテル2杯でほぼ定量、ということでここは切り上げ、最後は横手の焼きそばかな・・・と思いつつ、次の気になる店に。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Dining Bar ISOLA

カクテルのお店 その128です。

 秋田、仙台シリーズ3店目はDining Bar ISOLA です。オーナーバーテンダーは鈴木眞澄 さん。NBA秋田県本部本部長です。こちらでも、いただいたんは1杯のみ。モヒートを。オーナーは銀座のバー、リトルスミスにいただけあって、カクテルは申し分のない一品です。
 お店の雰囲気は店名にもあるとおり、レストラン風です。食べて、飲んでという場合には良いですね。バーナビにもあるとおりイタリアンがメインのようです。特にノンアルコールが充実していますので、アルコールが飲めない方でも楽しめます。
 せっかく秋田に来たので、イタリアンではなく横手の焼きそばあたりが食べたいところ。したがって、食事はいただかないで次の店へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Radio's Bar

カクテルのお店 その127です。

Cocktail799  秋田、仙台シリーズの2店目はRadio's Bar です。オーナーバーテンダーは佐々木直 さん。
 お店の雰囲気は2階席もあって、お店のHPにもあるとおり、レストランバーです。ただ、カクテルは佐々木さんがNBA秋田件本部長を勤めていることからも本格的で、オーセンティックバーと変わりません。

 ここでもお願いしたのは1杯のみ。ギムレットを。シェイカーはミラノシェーカーで、とても良い音がしていました。シェイカーの作りで音が違うのか、使い方によるのか、ほとんど初めてと言っていいくらい目の前で使うところを見たことがないシェーカーなのでよくわかりません。スリーピースで通常のカクテルシェーカーと同様ですが、機会を見て入手しましょう。

 最初のレディだったか、ここラジオズ バーだったか、はっきりとは覚えていないのですが、ブードルスが終売となっていたこと・・・まったく気がつきませんでした。知っていれば当然買っていたのですが、江戸時代から続く赤坂の酒屋、四方でも最近見かけないな・・・と思っていたところでした。既に入手は困難かもしれませんね。
 もう少し話もしたかったところですが、次の店へ。お店の若いバーテンダーの方に雨の中、次の店の前まで道案内をしていただきました。感謝!

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Cocktail & Whisky Lady

カクテルのお店 その126です。今回は秋田、仙台シリーズです。

Cocktail798  秋田市最初のバーは、川反(かわばた)の老舗バーで、Cocktail & Whisky Lady です。(リンク先はトップページ。携帯版、iPhone版、パソコン版があるので選んでアクセスして下さい。)

 バーテンダーズマガジン創刊号でバーの街を紹介するコラム「街あかりを訪ねて」で何故か最初に取り上げられた秋田市川反。出版社の社長と地縁があるような話も聞きましたが、はっきりとはわかりません。ただ、バーテンダー協会やバーのHPも力を入れてるようで、バーテンダー皆で盛り上げようという意気込みは感じます。

 そして、まだオープンになっていませんが、CCSのカクテルコンペを秋田で開催するそうです。11月11日(日)と聞きました。地方で開催するのは福岡以来ではないでしょうか。ル・ヴェールの佐藤さんの尽力でしょうね。

 ところで、今回初めて訪問しました川反での最初のお店ですが、オーナーバーテンダーは中島康介 さん、チーフバーテンダーは長澤欽一 さん。
 秋田は1泊で、この日は最初から何店か巡るつもりだったので、失礼でしたがカクテルは1杯のみ。ジンフィズを。バーテンダーは最初にカウンターに一人で立っていた、伊藤清乃助 さん。

 バーの雰囲気は、バーナビではオーセンティックバーのカテゴリーになっていますが、入り口がガラス越しで見える扉なので入りやすく、また、店内カウンター席は10席程度。ソファー席の方がかなり多いので、感じとしてはダイニングバーに近いでしょうか。
 飲んでいる途中から、カウンターにいても雨音が聞こえるほどのゲリラ豪雨になりました。天気予報で聞いていたのに傘を忘れてしまったのですが、長澤さんから「お店のビニール傘を使って下さい、差し上げます」との申し出。ありがたくちょうだいして次の店に行くことにしました。

 結局、最後の店を回った後では雨が上がったので、いただいた傘をお返しに寄らせていただきました。感謝です。
 追記:お勧めのトマトの情報をいただきました。シシリアンルージュです。時期は終わったようですが、今度試してみたいと思います。ありがとうございました。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar Brilliant

カクテルのお店 その125です。

 久しぶりに横浜のバーです。野毛の「Bar Brilliant」(バー ブリリアント) です。オーナーバーテンダーは田村誠 さん。Bar GLORY 桜木町から独立されて昨年7月頃にオープンされたバーです。田村さんとカンター越しではBar GLORY以来ですが、CCSのパーティーでは何度か話はしています。パーティーの時に独立されたと聞いていましたが、行ったのは初めてです。カウンターだけで13席。場所的には目立たない通りにあって、ややわかりづらいですが、Bar GLORY 桜木町を目標に辿るとするとわかりやすく、むしろ隠れ家的な感じもあって良いと思います。

 以前も出場されたカクテルコンペ、八戸市長杯カクテルコンペですが、今年4月の大会では優勝されたそうです(CATMANこと北條さんのブログを参考に、こちらです)。一昨年は2位でリベンジですね。ただ本命は、今年7月のPBOカクテルコンペでの優勝(M.V.B.)だったそうですが、こちらは2位で残念な結果でした。実績もかなり積んできたので次回は優勝できるのではないでしょうか。

 ところで、この日は9月1日の土曜日。桜木町コレットマーレの横浜ブルク13で山下達郎シアターライブを見て桜木町の居酒屋へ。せっかく、ここまで来たのだからバーに寄って行こう、ということで行ってました。
 最初の1杯は、ミントジュレップを。連れには山梨の桃のフローズンカクテルを。フルーツカクテルをいろいろと取りそろえているようで、カウンターのメニューにも、いろいろと興味をそそるカクテルが書いてありました。かぼちゃのカクテルもありますよ。甘口のようです。
 次の2杯目は連れと一緒にブドウのカクテルを。自分にはサニールージュのマティーニを。連れには巨峰のフローズンカクテルを。サニールージュはデラウェアのような味のブドウです。この日は2杯ずつでおしまい。帰り際、雨が降り出しましたが、傘はしっかり持って行ったので良かったです。

Cocktail797  最後はいただいたコースター。銀座のバーのように厚みのあるしっかりとしたコースターです。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »