« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

週末のカクテル178

 9月28日の土曜日、台風が抜けた後のせいか、最低気温が一気に下がってすっかり秋めいてきました。この日はなじみの居酒屋に行き、帰ってから家飲みです。
 それほど量的には飲んでこなかったので、ショートカクテルから。最初はジンベースでホワイトレディを。連れは、新しいジュース、果実体感 みぞれ梨とジンを使って梨のカクテルを。この梨のジュースは少し甘めなのでレモンジュースを少し加えてシェイク。フルーツは基本的にフレッシュで作るのが一番ですが、家飲みだったら既製品のジュースを使うのが手軽で良いです。連れはその後、日本酒へ。この日最後の2杯目のカクテルもショートカクテル、グリーンアラスカを。かなりガツンときました。やっぱり最後に飲むカクテルではないですね(笑

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宇都宮カクテル大谷梅ファジーネーブル

カクテルのお酒 その78です。

Cocktail931  今回は宇都宮カクテルシリーズから、宇都宮カクテル大谷梅ファジーネーブルです。宇都宮のお店で横倉本店提供のお酒。カクテルのレシピ作りと監修は宇都宮カクテル倶楽部です。

 このカクテルシリーズは、いろいろな種類があるのですが、イチゴの栃乙女を使ったカクテルも美味しそうですね。味の方は飲んでから別にアップしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果実体感 みぞれ梨

カクテルの副材料 その64です。

Cocktail930  最近、新しいジュースなど買っていなかったので、久しぶりのカクテルの副材料シリーズです。今回はジュースで果実体感 みぞれ梨です。HPによると、梨を粗くすりおろしたような“クラッシュ果肉”でシャリシャリとした梨の食感があるそうです。
 あまり買ったことがないJTビバレッジのジュース。今月、9月9日の発売の新製品で、3月発売の350ml缶、みぞれ梨とは微妙に成分が違います。梨は季節的にもマッチするのと、ジュース自体が珍しいので買ってみました。ジンやウォッカでカクテルにすると良いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル177

 9月の2回目の三連休、初日の21日土曜日は30度近い天気になりました。夕方、近くの居酒屋に行ってから家飲みです。
 この日は、かなり飲んで来たのでカクテルは1杯、アルコール弱めのロングカクテルで締めのジンリッキーを。連れはジュレのお酒で仕入れたばかりの果莉那マスカットを。

 翌21日の日曜日は都心では30度越えの真夏日。この日は外食ではなくはじめから家飲みです。ワイン、チーズ、サラダなどで軽い夕食。一度片付けをしてから、テレビの日曜劇場「半沢直樹」を見ながらカクテルを。それにしても、今回のドラマは視聴率が凄いですね。終わり方が気になりますが、続編につながるということでしょう。
 まず、最初の1杯は定番のギムレットを。連れは日本酒へ移行です。続いて2杯目は自家製の巨峰ウォッカをトニックウォーターでフルアップ、巨峰ウォッカトニックを。次はジンベースに戻ってショートカクテル、ホワイトレディを。さらに、ライウイスキー、ベネディクティンを使ったカクテル、モンテカルロを。最後はロングカクテルでジンソニックにアンゴスチュラビターズを加えたアズトニックで結局、5杯。もちろん、ドラマ中に飲んだのは2杯くらいですよ(笑

 半沢直樹のドラマは、終わり方が解せない。やっぱり原作を読まないとわからないかな?と思いつつ、続編の方が気になりますね。ロスジェネの逆襲・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

モンテカルロ

カクテルレシピ その92です。

Recipe167  これまで、既にレシピでアップしていると思っていたのですが、どうやらアップしていないようです。ということは飲んでいない?
 ということで今回はモンテカルロです。レシピは、ライウイスキー45ml、ベネディクティン15ml、アンゴスチュラビターズ2dashesをシェイクです。

 ウイスキーベースのカクテルでは好きな味です。これからはもっと作ってみよう。

良かったらバナーを押して下さい。


カクテル ブログランキングへ

こちらも押していただけると幸です。

にほんブログ村 酒ブログ カクテルへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

巨峰ウォッカ(自家製)

カクテルのお酒 その77です。

 

 今回は自家製の巨峰ウォッカ(自家製)です。

Cocktail928

 

 

 ル・パルフェ密封瓶に巨峰の皮をむいて皮と実を分けて入れ、ウォッカと漬け込んでみました。皮を入れたのは、巨峰の色が欲しかったから。ただし、皮を長く漬け込むのもどうか?と思い、後で先に皮を取り出すつもりで、最初から分けて漬け込んでみました。(左写真)

 

 一晩漬けた翌日には、巨峰の色合いがしっかりと出ています。問題は皮をいつ取り出すか?です。皮には苦味もありそうだし・・・まぁ1週間くらいかな?という感じで、その後、皮を散りだして引き続き実だけで漬け込んでみました。Cocktail929

 

 

 

 後はどのように飲むか?ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

果莉那マスカット

カクテルのお酒 その76です。

Cocktail927  最近、我が家のマイブームになりつつあるジュレのお酒シリーズ、今回は果莉那マスカットです。9月発売の新商品です。

 以前、果莉那もも、でブログにアップしたとおり、他にマンゴー、梅酒とあります。次回は梅酒あたりを買ってみますかね・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR PROOF 続編

 札幌シリーズ2日目、最後のお店は2年前にも来た「BAR PROOF」 で続編です。(前回のブログはこちら。)オーナーバーテンダーは中河宏昭 さん。ここまでは新規開拓だったのですが、2年前に札幌で印象に残ったお店を最後に訪問しました。

Cocktail925  まず、最初の1杯は、最低必ず1杯は飲むことにしているカクテルマティーニを。ここで飲まないと、飲む機会を逃してしまうので。ジンは終売になったブードルスです!ここで飲めるとは思いませんでした。
 仕入れ先の方の配慮でストックがあるそうです。久しぶりにいただいたブードルス、良かったですね。もう一杯いきたいくらいでした。

 次の1杯は、今回のシリーズの最後の1杯です。前の店に引き続き、薬草系のカクテルをリクエスト。中河さんからサヴォイカクテルブックにも載っているカクテルというフェルネットブランカをいただきました。

Cocktail926  以前、自分でも作ったことのあるカクテルですが、その時は妙に苦味が強くてガムシロップでも足したら良いかな?などと思っていましたが、中河さんのカクテルはそれほど苦味は強くなく、飲みやすいカクテルになっていました。ただ、薬草系の苦味が好きで無い人にはお勧めしませんが(笑。札幌の最後の締めカクテルとしてはバッチリでした。

 今回の札幌シリーズは以上、2日で5店でした。次は岐阜、名古屋と行く予定です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the bar nano gould.

カクテルのお店その161です。札幌シリーズの2日目で4店目。

 今回の札幌シリーズで、BARやまざきの系譜にも取り上げられている方のバー2店目。「the bar nano gould.」(ザ バー ナノ グールド) です。オーナーバーテンダーは富田健一 さん。前日のBARねもとで、富田さんなら新しいお店の方とのこと。今年の7月にオープンしたお店のようですね。まだ、ホームページは無いようです。

Cocktail922  土地勘が無い札幌でしたので、根本さんに持参した地図で場所を教えていただきました。目印はサンタクロースのビル?聞いただけではよくわかりませんでしたが、行ってみて納得。ビルにサンタクロースが上っています(笑。夜なので写真写りは良くありませんが。また、富田さんともFacebookの友達承認をいただいてからの訪問です。

Cocktail923  夕方に札幌オータムフェスタ経由でバーへ。店に行く前にはフェスタの出店でトマトコロッケやザンギなどいただいてからのカクテルになりました。
 まず、最初の1杯は前日では最後に飲んだカクテル、ギムレットを。やっぱり欠かせないスタンダードカクテル。行った時間がオープン早々で一番客だったためかわかりませんが、とても丁寧にしっかりと作られていました。もちろん、味はバッチリです。

 次の2杯目は、薬草系のリキュールを使ってロングドリンクをリクエスト。フェルネットブランカメンタとドランブイ、レモンジュースも少々あったかな?これをシェイクしてタンブラーに注ぎ、ソーダでフルアップ。Cocktail924
 薬草系のカクテルとしてリクエストがあると、よく提供しているカクテルとのことですが、ネーミングは無いそうです。ここでは一応、フェルネットブランカメンタのカクテル、としておきましょう。

 フェルネットブランカは福岡のバーでソーダ割りを飲んでみて、これはいける!ということで1本入手しましたが、こちらのメンタも気になっていました。今回カクテルとして初めて飲みましたが、ドランブイとも相まってとても美味しいカクテルでした。物欲をそそる1本です。次の購入候補の1本になりましたが、置き場所が・・・

 この日は、次に行く店も決めていたので2杯でこちらを後にしました。さて、次は?

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

スカイラウンジ トップ オブ プリンス ラウンジ・バー

カクテルのお店その160です。札幌シリーズの3店目です。

 BAR ねもとから、やや距離はあるものの歩いて札幌プリンスホテルへ。ホテル最上階のスカイラウンジ トップ オブ プリンス ラウンジ・バーへ。ここでは、バーテンダー門間輝典 さんのカクテルをいただくのが目的で、札幌の初日に行くことにしていました。2年前に佐藤泰代さんのHBAチャンピオンカクテルを札幌グランドホテルのバーでいただいたのですが、その後、銀座のY&M Bar KISLINGの阿部さんから、チャンピオンは札幌にもう一人居るんだよ、と教えていただき2年前に行けば良かったと思っていたので2年越し。

Cocktail920  まず、最初にいただいたのはHBA第27回クラシック創作カクテルコンペティションのグランプリ受賞カクテルで、Atsurae(アツラエ)~匠の芸術~を。スノースタイルにした塩ジソパウダーの味にビックリ!これにシソリキュールの味わいが微妙なバランスでとても美味しいカクテルでした。さすがにグランプリカクテルです。

 プリンスホテルの最上階は、他の店もあるので、ロケーションとしては360度の一部になりますが、夜景はとても綺麗です。聞くところによると、夕日が沈む頃も良いそうです。時間帯は早くなりますが、次に来るときには夕方の景色も見てみたいものです。

Cocktail921  この日最後のカクテルになった締めの1杯は、ギムレットを。やっぱりこれは外せないカクテル。普段は外さないカクテルなのですが、何故かここに着くまで飲んでいませんでした。

 この日、1店目のBar WADUROの佐藤さんと同様に、門間さんとは事前にFacebookで友達承認しただたうえでの訪問。帰る時には、門間さん自らエレベーターに同乗していただき1階へ。タクシー乗り場のタクシーまで見送っていただきました。感謝です!

 今度は仕事ではなく、ゆっくりと旅行で来てプリンスホテルに泊まってみたいですね。仕事だと航空券とホテルのパックでホテルが選べないので。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR ねもと

カクテルのお店 159です。札幌シリーズの2店目。

Cocktail917  BARやまざきの系譜という本(まだ買ってないのですが・・・)で紹介されているBARねもと へ。リンクは以前から活用させていただいている。Bar☆Compassです。オーナーバーテンダーは根本亜衣 さん。女性一人で切り盛りしています。

 実は、Bar☆Compassの管理者ふるさん。全く面識が無かったのですが、約1カ月ほど前にFacebookで友達になりました。FBは仕事の合間にチェックしているのですが、どうやら新千歳空港に同じ日の少し遅い便で来ていることがわかり、すすきのでニアミスかな?などと根本さんと話をしていると、扉を開けて入ったきた方が・・・なんとふるさんでした。ニアミスどころではなく遭遇です(笑。おもしろい縁ですね。

Cocktail918  ところで、最初の1杯は季節のフルーツを使ったかくてるにしようと思い、梨とジンのカクテルを。フローズン仕上げでした。これは、自分でも作ってみたい一品。梨を四つ切りにして二切れ(1/2個)、レモンジュースを少々、ジンとクラッシュドアイスを加えブレンダーで攪拌。かなりいけますね。

 続いて2杯目は、ふるさんとは、初対面ながらバーの話で盛り上がる中、マティーニを。いつもながらマティーニはアルコール度数が強いカクテルなので、数件バー巡りをするときには、どこで飲むか悩むところ。どこか1件で1杯に決めておかないと酔いがまわりすぎます(笑。ふるさんから東京會舘マティーニは強いよ!と言われながらもお願いしました。言われたとおり、やっぱり強かった!Cocktail919

 ふるさんと名残惜しいところでしたが、次に決めていたところもあるので、こちらは1時間少々で失礼して次の店へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar WADURO

カクテルのお店 その158です。今回は札幌シリーズ。2年ぶりです。

Cocktail914  まず、最初のお店は「Bar WADURO」(バーワドゥーロ)-和道- です。バーテンダーの佐藤泰代 さんは、2年前に札幌グランドホテルのラウンジバー オールドサルーン1934でカクテルをいただいて以来です。ある時、銀座のY&M Bar KISLINGの阿部さんから退職した、と聞いていましたが、最近、縁があってバーテンダーに復帰されたそうです。事前に情報を得て、Facebookの友達承認いただいてからの訪問。早めの17時からオープンでもあり札幌での最初のお店に決めて来ましたが、勘違いで7階のBar MADOURO(姉妹店)に入ってしまいました。本当は1階です(笑。皆さんも間違えないように。当日はもう一人女性のバーテンダー松野好 とお二人でした。

Cocktail915  最初の1杯は、メニューを見ながら和風のモヒートで、和ヒートを。紫蘇を使ったモヒートです。初めて紫蘇を使ったカクテルを飲みました。どんな味がするのか、全く想像がつきませんでしたが、かなりいけます。時期的にも、また和風モダンなお店の感じにもマッチしてます。

 続いて2杯目は久しぶりにHBAグランプリカクテルの(かなで)を。レシピはマカディアにシャルトリューズヴェールとミドリですが、シャルトリューズヴェールのグリーンとメロンリキュールのミドリのグリーンは色合いだけではなく、味も妙に相性が良いですよね。この二つと他に何かで組み合わせてカクテルを作ってみるのもおもしろそうです。Cocktail916

 次は18時からオープンのお店で決めているところがあったので、1時間も満たない時間でしたが、カクテル2杯で失礼して札幌のバー2店目へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル176

 9月最初の三連休、14日は居酒屋のみでカクテルは無し。15日の日曜日は台風18号が接近中なので、外出せずに家でワインとチーズで夕食をすませてから家飲みです。

 はじめは、ショートカクテルからでギムレットを。連れはジュレのお酒の果莉那ももを。このジュレのお酒は、やっぱり出すのに一苦労。続いて2杯目はゴードンとドランのシャンベリーでマティーニを。連れは日本酒に切り替え。3杯目はウイスキーに切り替えてまずはバーボン、イーグルレア10年の水割りを、次はスコッチでジョニーウォーカークレストの水割りでこの日はおしまいです。次の週末も三連休、楽しみですね。

 なお、18日から20日まで、札幌へ行きますので、カクテルのお店で札幌シリーズもアップ予定です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar&Cafe code name MIXOLOGY akasaka

カクテルのお店 その157です。
ブログ記事の前にお断りです。これまでブログ記事はFacebookに連動でアップしていましたが、今後は別々にアップします。このブログは一般人向けですが、FBの友達はプロが多くなったので・・・

 本題です。今回は赤坂のバーでBar&Cafe code name MIXOLOGY akasaka です。横浜のカクテルバー・マルソウの北條さんご紹介。オーナーバーテンダーは、南雲主于三 さん。ドリンクプラネットでも紹介されていて名前だけは聞いていましたが、お店は初めてです。

Cocktail909  最初の1杯は、バジルのジントニックを。こちらはFBにもアップしたカクテル。飲んだことが無いジントニックで、しかも美味い!
 ジントニックは自分でもたまにアズトニックを作ることがあります。これはジンソニックに、アンゴスチュラビターズを加えるだけ。また、ジンに常備しているレシピアの紅茶の茶葉(アールグレイ)を一晩漬け込んだものを作って水割りにしたりしますが、南雲さんから「一晩は長い」とアドバイスをいただきました。茶葉なら4時間程度で十分。それ以上だと苦味が出るとのこと。200mlに20gくらい(だったでしょうか)。それにしても今回のバジルのジントニックはバジルとジンのインフュージョンで素人が作るには難しいので、たまにはお店でこんなジントニックを飲んでみるのも良いですね。

Cocktail911 続いて2杯目は、薬草系のリキュールが好きでよく飲む、ということから勧められたのがこちらです。自家製のお酒で、材料は苦味酒のピコン、アマーロ、カンパリにグラッパを少々。これを樽に詰めて熟成したものらしいです。お酒のネーミングは多分ボトルに書いてあったAGED WOODLAND BITTERでしょうか。これを丸い氷のロックで。

Cocktail912  リキュール自体の苦味がまろやかな味に変わりつつ、薬草系リキュール独特の味わいが残っていて、やみつきになりそうなお酒です。普段は、シングルモルトは飲みませんが、それは飲み出したら癖になって、他のお酒を飲めなくなりそうだから。この自家製苦味酒?もやみつきになりそうな1杯。ちょっと危ないかも・・・

 最後の1杯は、ブラッディメアリーをベーコンウォッカでいただきました。こちらは、フレッシュトマトの他、とろみのある液体が・・・とろみ具合がしっかりしていたので、シロップではなく蜂蜜のようでした。これって混ざるの?という気もしましたが、念のため南雲さんに聞いてみると、やはり蜂蜜でした。

Cocktail913 トマトはハンディブレンダーで潰した後は、しっかりと濾してジュース状に。バーテンダーによっては素材を生かして皮のツブツブ感が残るブラッディメアリーを作る方もいますが、個人的にはツブツブ感が無いジュース状の方が良いですね。 仕上げはボストンシェイカーでスローイング。極上のブラッディメアリーでした。写真はスマホのフラッシュ無し。こちらの方が色合いがしっかり出ていたので。

 これまで事務所が霞ヶ関ビルにあったこともあり、バーは銀座が多く、赤坂はなじみが無いところでしたが、行ってみるとそれぞれに特色があっておもしろいバーが多いです。
 事務所が移転して赤坂は徒歩圏になったので、これからはいろいろと行ってみようと思いますが、ミクソロジーという新しいタイプのバーとしてはお勧めのお店です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル175&東京五輪決定!

 9月最初の土曜日の7日、居酒屋に行ってから家飲みです。この日から日曜日にかけて、オリンピックの開催地が決まる日です。日本の最終プレゼンテーションみながらカクテルを1杯。ウォッカ、シャルトリューズヴェール、ライムジュースでテイクファイブを飲んで、朝4時に目覚ましをセット。

 オリンピックの開催は、予想外にイスタンブールとの決戦でしたが、東京の圧勝で2020東京オリンピック決定!良かったですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル174&ネコ様

 週末のカクテルは先週アップ漏れで2週分。
 まず、遅い盆休みのスタート8月23日の金曜日は、しばらくご無沙汰していた居酒屋に行ってから家飲みです。全てジンベースのショートカクテルを3杯。ギムレットからホワイトレディ、最後にマティーニを。連れはジュレのお酒で果莉那ももから、ミスティアのカクテルを。居酒屋で飲んでからのショートカクテル3杯は少しきつい。後はホテルニューオータニのホテルバーに続きます。

 31日の土曜日は、前日から我が家にネコが来たので外出せずに家飲みです。初めはワインにチーズ、クラッカーなどで軽食。一度かたづけてからカクテルです。
 最初は、ショートカクテルでサイドカーを。連れには、ミスティア、コアントロー、レモンジュースで作るミスティアのカクテルオンザロックを。2杯目は、普段締めで飲むロングカクテルのジンリッキーを。連れはオレンジジュース系でファジーネーブルを。最後は残りわずかになってきたジョニーウォーカークエストの水割りでおしまいです。そろそろ、次のウイスキーを仕入れる頃ですね。

Dsc_0124  ところで、我が家に来たネコ様は、捨て猫を保護しているNPO法人、動物を考えるタマの会から譲り受けた茶白のオスネコ。推定生後4カ月。来た日はケージから全く出ようとせず、夜にはかなり夜泣きするので気になって・・・ネコタワーなど準備万端なんですけどね。早く新しい家に慣れて欲しいものです。Dsc_0125

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カクテルバー・マルソウ

カクテルのお店 その156です。横浜のシリーズの6店目です。

 2日目の横浜のバーは横浜駅へ。横浜スカイビル1階カクテルバー・マルソウ です。カクテルタイムは17時から。それ以前はカフェバー・マルソウです。17時過ぎると照明の明るさが落ちて、入り口の扉も閉められます。バーテンダーは北條智之 さん。フレアーバーテンダー協会の会長で、世界大会公式審査員もされている方。お店のHPよりも北條さんのブログ、フレアー・バーテンダーCATMANの今日の一杯の方が良いでしょう。リンク貼っておきました。

Cocktail906  まず、最初の1杯は店長、澤木良太さんのオリジナルカクテルでエモーションを。横浜インターナショナルカクテルコンペティション2012で銅賞受賞。マリエンホーフ・ヴィオラをベースにしたカクテル。
 マリエンホーフ・ヴィオラは最近、目白の田中屋で購入して飲んだことのあるリキュール。モナンのストロベリーピューレも入手済み。そうなると、ウォッカ、クランベリージュース、グレープフルーツジュースを使い、作ってみることはできそう。分量はわからないのでどんな味になるかはわかりませんが(笑
 カクテルの味はマリエンホーフのリキュールがなんともいえない味わいを醸し出しています。このリキュールを飲んだことがないと不思議な味覚を感じるでしょう。また、クランベリージュースでの赤い色合い、ストロベリーピューレの甘みもマッチして美味しいカクテルです。

Cocktail907  次の2杯目は、北條さんからマルソウのジントニックの話を聞いて飲みたくなり、ジントニックをオーダー。これがなかなか見られない作り方で、ジンと煮詰めたジントニックをカーボンシェイカー(ペリーニ・カーボネイシング・シェーカー(Perlini Carbonating Shaker))を使って一気に炭酸を加えるもの。神の恵みのジン&トニックというブログも参照下さい。
 カーボンシェイカーは銀座のオーチャード宮之原さんが使っているのを見たことがあるくらい。2011年ころに外国で考案されたテクニックと聞きました。さすが、世界を回っている方は情報が早い。
 いろいろとお話をうかがい、コスモポリタンのレシピは日本では誤って伝わっていたとか、他の話も大変参考になりました。

Cocktail908 この日はこの2杯でおしまいです。最後はいただいたコースター。CATMANの絵柄がかわいくてお洒落です。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

野毛のバー

カクテルのお店 横浜シリーズの4店目、5店目は以前も取り上げたバーです。

 ノーブルから野毛に歩いてまずは、Bar R へ。バーテンダーはC.C.Sカクテルアーティストの塚田浩司 さん。それから、初めて挨拶した高橋力 さん。高橋さんはフェイスブックで事前に友達になっていましたが(笑

Cocktail904  既にかなり飲んで来たので、こちらではロングカクテルを1杯。ジントニックをいただきました。
 こちらのバーは、先のノーブルと打って変わって、横浜らしい老舗のバーです。横浜に来たなら是非寄りたいバーの一つ。

 関内から歩いて行くには距離的にそれほどでもないのですが、夜道で土地勘が無いところ、迷って辿り着きました。桜木町からだったら迷うことはないのですけどね。

Cocktail905  続いて、5店目は「Bar Brilliant」(ブリリアント) です。オーナーバーテンダーは田村誠 さん。フェイスブックでいつもフレッシュフルーツなど入荷情報を投稿されているので、ここではフレッシュフルーツのカクテルで締めようと思っていました。
 少し話をうかがいながら、ここは田村さんお勧めで、フェイスブックに投稿されていたブルーベリーを使い、ブルーベリーフローズンカクテルです。とにかく美味しいです。なにはともあれ、飲んでみて下さい。きっと満足することでしょう。

 この日はここまで、5店でおしまいです。翌日も横浜ですが、いろいろと予定があるのでこの日ほどは行けません・・・次は横浜シリーズ最後のお店へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar Noble

カクテルのお店 その155です。横浜シリーズ3店目。

Cocktail901  カサブランカから歩いて関内のバーBar Noble」(ノーブル) へ。オーナーバーテンダーは山田高史 さん。平成22年の第37回全国バーテンダー技能競技大会総合優勝者です。その後、世界大会にも出場され、2011年IBA ワールドカクテルチャンピオンシップで総合優勝されました。

 オーダーは、どこで飲むか迷っていたマティーニをここでいただきました。ジンはNO.3ロンドンドライジン、ベルモットはノイリー。このジンは初めて飲んだのですが、かなりいけます。酒屋であまり見かけないのですが、今度は買ってみよう。赤坂の四方か銀座の信濃屋か・・・Cocktail902

 お店のBGMは、横浜によくあるJAZZではありません。クラシック系の落ち着いたBGM。今はやりの「今でしょう」というニュアンスで「横浜ならJAZZでしょう」と言った方もいるのではないかな(笑。 しかし! それだからこそBGMの異空間に入ると、それはそれで良いものですよ。でもたしかにBGMでクラシック系はあまりないですね。宇都宮のシャモニーがクラシックオペラで驚いたことがあるくらいですかね。

 カクテル1杯で帰るのは失礼でしたが、この日は後の予定もあるので、この1杯にして次の店へ。

Cocktail903  最後はいただいたコースター。爽やかなブルーのコースターです。

  この後は野毛方面に歩いて行き、「Bar R」 「Bar Brilliant」 へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Bar CASABLANCA

カクテルのお店 その154です。横浜シリーズで2店目。

 馬車道十番館英国風酒場から、The Bar CASABLANCA」(カサブランカ) へ。あらかじめ、歩いてすぐ近くのバーを2店ピックアップ。先に予定していたバーは「舶来酒場らんぷ」でしたが、扉を開けると・・・「今日は7時からです」とのことだったのでこの日は見送り。

Cocktail899 カサブランカのオーナーバーテンダーは山本悌地 さん。平成12年の第27回全国バーテンダー技能競技大会総合優勝者。著書に「カクテルフレッシュフルーツカクテルテクニック」があります。(私も持っています。こちらです。)

 まず最初の1杯は、やはりフレッシュフルーツで・・・ということで店内のメニューボードを見て、パッションフルーツのフローズンカクテルをいただきました。フレッシュフルーツはやはり美味しい!

 続いて2杯目は、ジンベースでシェイクするものというリクエスト。山本さんからいただいたのは、スダチのギムレットでした。スダチとウォッカのインフュージョンを使い、さっぱりとしたスダチの味が効いたカクテルでした。これも美味しい。Cocktail900

 カサブランカは、今年4月からオープン時間を18時から16時にしたそうです。その分、終わりの時間も早くなったようですが、これから早く開く店が多くなるのではないでしょうか。高齢化も進むのでリタイアされた高齢者、また時間がある女性をターゲットにするには良いと思います。

 まだまだ飲んで見たいカクテルがあったのですが、後の予定があるので2杯で切り上げて次の店、関内方面へ。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

馬車道十番館英国風酒場

カクテルのお店 その153です。今回は横浜シリーズ。

Cocktail895  最初のお店は馬車道十番館英国風酒場 です。建物は古風な作りですが、古いものではなく、古く見せて建てられたものだそうです。店名からは馬車道の通り沿いに有るかと思われますが、1本裏の通りになります。ホテルリッチモンドの裏辺り。
 馬車道十番館の建物1階は喫茶店・売店、2階が英国風酒場、3階がレストラン、4・5階が宴会場です。HPからはバーの様子がわかりにくいので、バーナビを参考に。こちらです。

Cocktail896  オープン時間は16時から。この日は早めに行ったので最初の1杯は、ギムレットを。バーテンダー八鍬史秀 さんからいただきました。早い時間にはなんとなく飲みたくなるカクテルですね。長いお別れではないけれど・・・

Cocktail897  続いて2杯目は、バーナビで見たモヒートを。後からみえたチーフバーテンダーの古田博人 さんからいただきました。ミントの葉は自家製。冬場にもきちんと水やりをして何年かかけて育てたもので、かなりの高さまで伸びるそうです。葉自体は生き生きとして大きく、香りがとても素晴らしい!これはお勧めの1杯です。

こちらで、周辺のバー情報をうかがって、次の店へ。最後はいただいたコースター。ガス灯を中央に、回りに絵柄をあしらった横浜らしいデザインです。

Cocktail898 レストランで食事をしてからカクテルを1杯とか、お土産のビスカウト(Biscuit)を買うついでに1杯とか、横浜の馬車道に来たら是非よりたいバーです。

良かったらバナーを押して下さい。


Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »