« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »

週末のカクテル300

 カクテル日誌のカテゴリー、「週末のカクテル」も300回記念をむかえました。表題では年末年始のカクテルなど週末の・・・を使わずブログにアップしたカクテル日誌も有りますのでシリーズスタートから300週以上は飲んでいることになります(笑。

 3月最後の週末、25日の土曜日は、久しぶりに出かける前のカクテル。ストロベリーマティーニから。

Cocktail1336  イチゴは最近売り出し中の栃木県、スカイベリーを使いました。

Cocktail1337  セラミックおろしで摺り下ろしたイチゴは、通常3個使うところ、大粒なので2個半にしてみました。これに、ウォッカ30ml、レモンジュース1tsp、シュガーシロップ1tspをボストンシェイカーでシェイク。

 レモンジュースは瀬戸内産のレモン果汁100%、シュガーシロップは100%サトウキビ天然糖液のカリブを使用。レモンジュースは普段はエトナを使いますが、最近仕入れた国内産レモンのレモン果汁を使ってみました。シロップはいつものカリブ。これでないと味がいまいちになります。

Cocktail1338  今回はやや大きめのカクテルグラスに注いでみました。バックの猫クッションの猫が飲んでいるような感じで(笑。
 味の方は、もう少しイチゴを多めにした方が良かったです。大粒でも3個か・・・

 ウォッカベースのカクテルは連れに。自分にはジンベースで同じストロベリーマティーニを作って昼飲みしました。

 また、夕方は居酒屋に行ってから家飲みです。
 最初は定番のフェルネットブランカソーダ割りを。連れはマッカラン12年水割りを。これでボトルが空きました。

 最後はグリーンアラスカを。最近、何杯か飲んだ後に強いカクテルを何故か飲みたくなりますが、これは強すぎた!40度弱ですからね。この後、他のカクテルが飲めなくなります(笑。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

レモン果汁

カクテルの副材料 その76です。

Cocktail1335  今回はレモン果汁150mlです。果汁100%。瀬戸内産のレモンを使ったものでレモン4個分だそうです。

 保存料は使用せず、ストレート果汁なので沈殿物があります。写真は瓶を振ったあとのもの。広島県竹原市のレインボー食品の販売。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫のコースター2

カクテル用品シリーズ、少し前から使用している猫コースターです。

Cocktail1334  以前も猫コースターをアップしているので、今回は猫コースター2です。

 緑の四つ葉の中に黒猫。フェルトを型抜きして色違いの生地を組み合わせる形。これは、色違いのセットも作れますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

耳なしバロンストレーナー

カクテル用品シリーズ、今回は耳なしバロンストレーナーです。

Cocktail1333  飯田橋のBAR TIMES STORE で購入した、BAR TIMES オリジナル耳なしバロンストレーナーです。大きめのミキシンググラスやボストンシェイカーのティンに落とし込んで使います。また、直径80mmの通常のキシンググラスでは、通常のストレーナーと同じように使用できます。使い勝手が良いので備えておきたい一品。

 ところで、この店舗はオープン2年半くらいでしょうか。オープン当時とその後、1周年?だったか、直接うかがったことがあります。「前にも来ましたよ」と話したところ、「失礼ですが○○さんですか?」との対応。ズバリ!です。オープン当時は名刺交換してFBにアップしたり、その後、通販でも利用していましたが、店舗に2回くらいしか来ていない客を覚えているのもさすがです。

 店舗は、少し拡張していて、ビターズも豊富に揃えるようになりました。また、ビターズはテスターで味見をしてから買えるので、とてもお勧めのお店です。
 今度は銅製マグカップを買いに行きましょう。大きさ違いが3種類あって、どれにするか迷って買わずに帰りました。
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル299

 3月19日の日曜日、三連休中日は居酒屋に行ってから家飲みです。
 三連休初日の18日も串揚げ店に行ってから、蕎麦屋で日本酒を飲んできたのですが、かなり飲み過ぎて家飲みは無し。

 この日は居酒屋での酒飲みを少し押さえて家飲み。最初は定番のフェルネットブランカソーダ割りからタンカレーソーダ割りへ。連れはウイスキーで竹鶴ピュアモルト水割りです。
 3杯目はこちらもウイスキーに変えて知多ソーダ割りを。締めはギムレットでこの日はおしまいです。
 さすがに、締めにギムレットは強すぎますね。

 いよいよ、週末のカクテルシリーズも300回です。来週末は昼間にフレッシュフルーツカクテルでも作ってみたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベイリーズ オリジナル アイリッシュクリーム

 カクテルのお酒 その3で取り上げたお酒ですが、以前とりあげた2006年からボトルのスタイルが変わっているので再度アップします。

Cocktail1332  ベイリーズ オリジナル アイリッシュクリーム(200ml)です。以前は太めのボトルでしたが、現行はすっきり細身のボトルになっています。アイリッシュウィスキーにクリーム、チョコレート、バニラなどを加えたクリーム系リキュールです。

 コーヒーや紅茶に加えて飲むのも良し。もちろんホットでもアイスでも。また、アイスクリームにかけても良いでしょう。
 カクテルでも、このリキュールを指定したレシピがいくつかあります。我が家はコーヒーを飲まないので、紅茶と合わせるか。ストレートが多くなるかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル298

 3月11日の土曜日、東日本大震災から6年ですね。
 この日はボトルを入れているなじみの居酒屋へ行き、また新しいボトルを入れてきました。帰ってから家飲みです。

Cocktail1331  最初の1杯は、定番のフェルネットブランカソーダ割りを。連れは、我が家に切らさず置いてある桃ジュース、不二家ネクターこだわり白桃を使って、桃のカクテルを。桃ジュース、アプリコットリキュール、レモンジュース、ウォッカを加えてシェイクです。

 2杯目は、いつもどおりタンカレーソーダ割りを。連れは、新しいジャパニーズウイスキーを開栓、あかし水割りです。最後は締めには強すぎる電氣ブランをロックでこの日はおしまいです。

 職場では地方転勤の異動者に対して、引っ越し内示がありました。もうそんな時期ですね。再来週あたりから送別会が続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホワイトオーク あかし

カクテルのお酒 その105です。

Cocktail1330  日本のウイスキーでホワイトオーク あかしです。兵庫県在住の知人からのいただきものです。はじめて飲むウイスキーです。

 日本の地ウイスキー(クラフトウイスキー)ではイチローズモルトが有名ですが、最近はいろいろと作られているようです。他のメーカーのウイスキーを紹介されているページもありましたので参考まで。こちらです。

 近頃はクラフトジンもあります。気になるのは京都蒸留所の季の美ですね。一応、飲んだことはあります。酒屋さんでもみかけるようになりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル297

 3月4日の土曜日、3月最初の週末は、普段どおり居酒屋に行ってから家飲みです。4時からオープンするお店で開店時間から行き、家ではアナと雪の女王を見ながらカクテルです。

 この日の午前中、本を整理していて、まだ未読の村上春樹訳、「長いお別れ」があったので、例の箇所を確認してみました。清水俊二訳では「ギムレットにはまだ早すぎるね」。村上春樹訳では「ギムレットを飲むには少し早すぎるね」。微妙に違いますね(笑い。
 (清水俊二訳は見当たらず確認とれませんでしたが、以前のホームカクテルの記事「週末のカクテル13」から引用)

 とうことで最初の1杯はギムレットを。ジンとローズのライムジュースを半々で何も入れない、という小説どおりの設定。ジンはプリマスジン。ただし、甘いです(笑。
 2杯目はフェルネットブランカソーダ割りを、続いてタンカレーソーダ割りを。連れは知多水割りを2杯。こちらも最後はウイスキーに変えて知多ソーダ割りでこの日はおしまいです。

 街の不動産屋は商売繁盛の気配。4月から転居の学生や転勤の人でしょうか。また、少し暖かくなって、花粉が多くなってきました。アレルギーに良いといわれるサプリやドリンクを飲んでいますが効果はあるだろうか・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年2月 | トップページ | 2017年4月 »