« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »

週末のカクテル319

 9月23日の土曜日、秋分の日で祭日ですが、土曜日と重なる残念な日です。

 この日は、横浜まで出かけてから一度帰宅。夕方からいつもどおり居酒屋へ。帰る途中で、先月移転オープンしたバー Wood Stock に寄り道しました。

Cocktail1362  この日はまずボンベイサファイアソーダ割りをいただきました。連れはショートカクテルでマルガリータを。2杯目からはウイスキーに変えて、ワイルドターキーソーダ割りで、連れは響水割りを。この2杯で切り上げ、帰ってから家飲みです。後ろのハンバーガーは模型です(笑。

 家飲みの最初は、定番のフェルネットブランカソーダ割りを。連れはシーバスリーガル12年水割りを。2杯目はタンカレーソーダ割りを。これでタンカレーは残りわずか1杯分くらいになったので、翌日曜日に成城石井で仕入れてきました。そして、最後はこちらもウイスキーでバランタイン17年ソーダ割りでこの日はおしまいです。

 お酒を飲みながらスマステ最終回をみました。699回目の放送。これで終わってしまうのは大変残念です。これからの土曜日の家飲みは、この時間何を見たら良いのでしょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BAR 堀川

カクテルのお店 その275です。

 久しぶりに銀座の新しいバーを開拓しました。
 銀座6丁目、G・O・WESYTビルの9階BAR 堀川 です(リンクは食べログ)。今年の8月29日開店ですから、オープン1カ月もたっていませんね。
 オーナーバーテンダーは堀川賀正 さん。バー保志で長くバーテンダーをされていた方です。ホームカクテルでもBAR 保志 を取り上げた時から堀川さんは紹介しています。2008年3月ですから、約9年半前ですね。また、2年前には「BAR 日下部」の周年の時に、保志さんとご一緒にお店に来られて、ばったり遭遇したりしてました。もちろん、BAR 保志 9Fでもお世話になりました。

Cocktail1361  この日は、5店目だったこともあり、ロングカクテルを1杯。フェルネットブランカメンタソーダ割りをいただきました。家では通常品をほぼ毎週末飲んでいますが、メンタは仕入れていないので、この機会にいただきました。フェルネットブランカを置いてあるバーはあまり多くないですが、通常品でないメンタになるとさらに少なくなります。久しぶりにいただきました。甘みがあって通常品より飲みやすので、あまり薬草系のリキュールを飲んだことが無い方は、メンタから入ると良いでしょう。

 ところで、お店のコースターはまっさらの白地。思わず、BAR 保志に9年半前に行った時のことを思い出しました。堀川さんには言っていませんが、上記「BAR 保志」のブログで、その最後に書き込みましたが、実は、この時のBAR 保志のコースターもまっさらな白地でした。おかしな縁ですね。

 最後に、ご挨拶させていただいた他のバーテンダーは、今井綾子 さん、新本秀延 さん、須藤錬 さんの3名です。今度は、ゆっくり時間をとって行ってみたいですね。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (1) | トラックバック (0)

Ginza Zenith 続編

  

カクテルのお店 その176で紹介したGinza Zenith ですが、今年の4月に移転したので行ってみました(リンクは食べログ)。

 場所は銀座6丁目、G・O・WESYTビルの7階です。新しいビルです。
久しぶりでしたが、オーナーバーテンダーの須田善一 さんとバーテンダー三浦龍ノ介 さんは変わらず。以前のお店に行ったときからは、大久保郁 さんが加わっています。大久保さんは先日、北海道で行われた全国バーテンダー技能競技大会総合準優勝!おめでとうございます。
 この全国大会の総合優勝はバー保志アルカポネの小山さん。また、3位も銀座のバーテンダーで1位から3位まで銀座が独占でした。

Cocktail1360  この日は既に4店目だったので、ロングドリンクを。季の美ソーダ割りをいただきました。
 以前の店は地下で、やや天井が低い感じでしたが、この新しいビルでは天井高があって、空間としては広々とした感じがします。狭い空間のバーを好む方もいるとは思いますが、こちらはこれで良い感じです。

 ちなみに、同じビルの9階に、先日、BAR 堀川がオープンしたので、こちらにも寄ってみることにして、ここでは1杯のみ。
 新しいビルでもあり

 また今度ゆっくり飲みに行ってみよう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Maker’s Mark CRAFT HIGHBALL STAND

カクテルのお店 その274です。

 今回は銀座のスタンドバーMaker’s Mark CRAFT HIGHBALL STAND です(リンクはサントリーのニュースリリース)。場所は銀座コリドー街で、今年の7月18日のオープンですから、約2カ月前ですね。店名のとおりメイカーズマークのハイボール専門店です。ビールもありますが、メニューはもっぱらハイボールです。

Cocktail1359  ベースのウイスキーはもちろんメイカーズマーク単一種類での提供になりますが、ハイボールは香草を加えたり、フルーツをつけ込んだりいろいろあります。

 いただいたのはメーカーズクラフトハイボールのローズマリーです。
 座席は立ち席のみ。今回は時間の都合でドリンクを1杯のみでしたが、今度は違う種類も飲んでみよう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル318

 9月16日の土曜日。三連休初日は銀座へ。

 まず、「スウォッチブティック銀座」で時計のベルト交換。その後、すぐ近くのGINZA SIXへ。地下2階の「いまでや銀座」で日本酒の試飲会をしていたので早速試飲。お酒は正雪。試飲した純米吟醸雄町を買ってきました。Sdsc_1669
 その後、「松屋」で買物をしてから、日本酒専門店の「酒の穴」へ。ひやおろしを2種類。南と鳳凰美田。その他、亀泉、而今、十四代などを飲み、帰ってから家飲みです。

 この日のカクテルも定番のフェルネットブランカソーダ割りから、最近お気に入りのジン、六ソーダ割りを。連れはシーバスリーガル12年水割りを。

Sdsc_1677 翌17日の土曜日は、台風の影響もあり、朝から雨でした。夕方になれば天気がますます悪くなるので、食材を買ってきて最初から家飲みです。

 スタートはビールで、ヱビスビールの華みやび。ジョッキはキリンですが(笑。
 その後は日本酒です。前日、銀座で仕入れ正雪 純米吟醸雄町を飲んで、次からカクテルを。Sdsc_1676

 カクテルのスタートは、しばらくご無沙汰しているジン、タンカレーソーダ割りを。ここからいつものコースで、フェルネットブランカソーダ割りから、六ソーダ割りを。連れは最後まで日本酒でした。
・・・カクテルの写真はないですね・・・

 台風も過ぎ去って三連休最終日は良い天気になりました。良すぎるくらいで、地元の川崎は天気予報通り気温は32度だったようです。暑いです。
 世間的には、衆議院の総選挙が10月下旬との情報が流れています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル317

 9月9日の土曜日、夜からフジテレビで27時間テレビが始まるので早めの外食。15時でもオープンしている居酒屋に行き、6時前には帰宅して家飲みです。

 最初は定番のフェルネットブランカソーダ割りを。連れは日本酒。2杯目はROKUソーダ割りを。ここまでは普段どおり。

Cocktail1358  3杯目は、久しぶりにマティーニを作ってみました。週末、居酒屋でしっかり飲んでから家飲みだと、強いショートカクテルを作らなくなりましたが、この日は軽く飲んできたので強めのショートカクテルを。ジンは最近、偶然仕入れた終売のゴードン47度、ベルモットは、ゴードンの時はノイリープラットです。ノールズのオレンジビターズをドロップしてステア。レモンピールやオリーブはありませんが、ゴードンはやっぱりこの味です。

 27時間テレビを見ながら、最後はタンカレーソーダ割りでこの日はおしまいです。

 テレビもなるべく見ていたかったのですが、さすがに酔いが回りました。結局、いつのまにかうとうと・・・久しぶりにマティーニを作ってみましたが、また飲みたくなりました。次回はタンカレーにドランのシャンベリーかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Public House ぴあにしも

カクテルのお店 その273です。

Cocktail1356  今回は川崎のバー。川崎の砂子で41年営業した老舗「JAZZ ぴあにしも」 が昨年末閉店、今年の2月にPublic House ぴあにしも として衣替えし、小川町に移転しました。

 砂子にあった時は、ミュージックチャージ制でジャズの生演奏が日々あったようで、行ったことはありませんでした。移転を機に平日はバータイムを多くしたようです。

 オーナーバーテンダーは大石朋巳 さん。代替わりされたそうですから二代目ということでしょう。

Cocktail1357  この日はロングカクテルを1杯のみ。ボンベイサファイアソーダ割りをいただきました。

 土日はJAZZの生演奏でミュージックチャージ有り。平日はバータイムの他 、No Chare LIVEの日もあります。ライブスケジュールはお店のブログを参照して下さい。

 今度はゆっくり時間をとって来てみよう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Wood Stock 続編

 カクテルのお店 その262で紹介した川崎のバー、「Wood Stock」 ですが、移転しました。

Cocktail1353  移転先は、同じ仲見世の通りで、元のビルから斜め向かい側のビルの1階です。以前は4階だったと思います。移転先は1階なので入りやすくなりました。

 また、店の入り口も洒落た作りになってます。ただ、先月の8月に移転オープンしたばかりで、少し気になるところもありました。入り口の微妙な段差。これから修繕するそうですが、しばらくは気をつけた方がよろしいかと。

Cocktail1354  入ってすぐカウンター席です。奥にテーブル席と大型の液晶テレビがあります。(左写真では奥の突き当たり)。
 普段はアメリカのバスケットボールなどのスポーツやロック系の音楽が中心だと思います。

 この日はロングカクテルを1杯のみ、ボンベイサファイアソーダ割りをいただきました。

Cocktail1355  このカウンターの後ろ側もカウンター席です。サーフボードを使ったおもしろいカウンターです。

 他に、古い時代の看板など、店内の装飾がいかにもアメリカ風です。料理もそちらの感じです。

 この日は、ドリンク1杯のみでしたが、時間があるときに料理でもいただいてみましょう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「BAR ル・ヴェール」の佇まい

カクテルの本 その67です。

Book134  今回は限定本で、「「BAR ル・ヴェール」の佇まい-マナーとルールとカクテルと-」です。(2017年8月20日、(株)北澤企画事務所発行、2,000円+税に送料)です。著者は秋田のBAR ル・ヴェールのオーナーバーテンダー佐藤謙一 さん。
 銀座の店にも行きましたが、秋田に行った時にも寄らせていただきました。5年も前になるのですね。ブログにもアップしています。こちらをどうぞ。

 この本は、佐藤さんの バーテンダー50年及びBAR ル・ヴェール20周年を記念して制作された本で、市販されていません。発行に携わった北澤企画事務所から、通販でしか買えません。送料とあるのはそのためです。購入は、BAR TIMESでどうぞ。

 バーテンダを長くされている佐藤さんの話であれば、いろいろと含蓄のある話をうかがえるところですが、なかなか秋田まで行って直接話を聞く機会がありません。そこで今回、この本を買うことにしました。後でじっくり読んでみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル316

 9月2日の土曜日、9月に入ったせいか、ここのところめっきり秋らしい、涼しい日が続いています。この日も朝から過ごしやすい気持ちの良い日になりました。

 あいかわらず、この日もいつもどおり居酒屋に行ってから家飲みです。
 最初は定番のフェルネットブランカソーダ割りを。連れはシーバスリーガル12年水割りを。先日、18年のボトルが空いたので、今日からはニューボトルを開栓!しばらくは12年になります。
 最後の締めは最近お気に入りのROKUソーダ割りでこの日はおしまいです。

 ブログをアップするのは、たいてい日曜日ですが、この日も過ごしやすい良い天気です。このような天気が続くと良いですね。
 ちょうど、最近では珍しいバーの雑誌も買ってきたので、本を読むにも良いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

BRUTUS 20年通えるバー。

カクテルの本 その66です。

Book133  今回は、雑誌を1冊。BRUTUS854号、20年通えるバー。です(2017年9月15日号、マガジンハウス、\650税込み)。
 以前も同じ題の特集がありました。7年前で、「BRUTUS695号、特集~20年通えるバー」(2010年10月15日号)です。

 内容的には7年もたっているのでかなり変わっています。今のバーシーンを反映していますので。これを見て行ってみたいバーを探すのも良いでしょう。
 特集のトップに登場されたのはBen Fiddichの鹿山博康 さん。私も好きなバーの一つです。続いて後閑信吾 さん。テイルズ・オブ・ザ・カクテル2017でインターナショナル バーテンダー オブ ザ イヤーを受賞。要は世界No.1のバーテンダーです。

 それから、「バーテンダーコンペティションって?」で高宮裕輔 さん。その後は、「これから20年付き合いたい、新時代のバーとバーテンダーで12名。

 また、BOOK in BOOKで「京都のバーへ。」があります。この中では「20年通えるバー 京都編。:などがあります。その他、小栗絵里香 さん、野原健太 さん、ロジェリオ五十嵐ヴァズ さんのトークコーナ、バーやお酒のコラムも楽しめます。マガジンハウスさん。良い仕事してます。・・・五十嵐さんのBAR TRENCHは行っておかないと・・・今度行こう・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年8月 | トップページ | 2017年10月 »