« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »

週末のカクテル342

 9月29日の土曜日、台風24号が近づいてきているので天気は下り坂。夕方から日本酒専門店へ。帰ってから家飲みです。

 いつもどおり、定番コースでますはフェルネットブランカソーダ割りからタンカレーソーダ割りを。連れは、シーバスリーガル18年水割りを。
 3杯目は竹鶴ピュアモルトソーダ割りで、先週と全く同じメニュー!代わり映えしませんね・・・

 30日の日曜日は、JRが20時以降の運転とりやめなど、交通に大きな影響が出ています。寝ている間に台風が通過してくれれば良いのですが・・・

 来週は、シェイカーでも振りますかね?たまには違う物を飲まないと。せっかくいろいろとお酒があるのだから、と思うこのごろです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル341

 先週に引き続き3連休となった9月22日から24日の週末のカクテルです。
 普段は夕方から居酒屋で飲んでから家飲みですが、今週は昼から継続営業している店での昼飲みから家飲みコースです。また、20日(木)から始まった世界柔道選手権をみながら。

 連休初日の22日の土曜日は、某串カツのチェーン店からの家飲み。定番のフェルネットブランカソーダ割りから、タンカレーソーダ割りへ。3杯目から考えるところですが、先週はジャパニーズウイスキーで、あかしホワイトオークでしたが、今週は同じジャパニーズウイスキーでも竹鶴ピュアモルトソーダ割りにしました。
 最後は、カクテルらしいものを・・・ということで、久しぶりにビー・アンド・ビーを。薬草系リキュールのベネディクティンとブランデーをロックで。
 柔道は女子が優勝、男子は2位、前日は阿部兄妹で二人優勝でしたが。

 翌、23日の日曜日は、フジテレビのワイドナショーで、たまたま昨日食べた串カツの話題が・・・関西で最も人気のある串カツは何か?との話題に松ちゃんは「絶対紅生姜だ!」と言っていました。これは同意!でも、正解はレンコンでした。紅生姜は2位で1位との差が0.5%だったので、「ほとんど誤差」と松ちゃんは言っていましたね。しかし、レンコンが1位とは???

 この日は、地元で最近オープンした銀座ライオンに初めて行ってみました。こちらも昼飲みです。店内はほとんどファミレス?女性客が多いのにびっくり。ドリンクはもっぱらビールですが、たまには良いですね。

 その後、帰ってから家飲みですが、最初はいつもどおり定番コースでフェルネットブランカソーダ割りを。前日残ったペットボトルのソーダの保存状態が悪く、気が抜けていたので、新しいペットボトルを空けて、もう1杯。続いて、タンカレーソーダ割りへ。3杯目は前日と同じく竹鶴ピュアモルトソーダ割りでこの日はおしまいにしました。
 柔道は男女とも決勝までいきましたが、それぞれ2位となりました。なかなか優勝に手が届きませんね。まだ続きがあるので、頑張れ、日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル340

 9月15日の土曜日から17日の敬老の日までの3連休の週末のカクテルです。
 ブログアップは1週間ぶりになりますが、諸般の事情により先週はブログアップできなかったので、先週の分もまとめてアップしましょう。

 先週分は後回しで、まずは3連休初日の15日の土曜日から。普段は居酒屋に行ってから家飲みでですが、訳あって家飲みからスタート。
Cocktail1403  最初は連れにフレッシュフルーツを使ったカクテルを作ることに。そこで、久しぶりに水澤泰彦さんのフレッシュフルーツ カクテルブックを見ると、ハンドジューサーでぶどうを潰してジュースを作る・・・とある。ミキサーの方が楽なんだけど、我が家にもハンドジューサーはあるので、これまた久しぶりに出して使ってみることにしました。

Cocktail1404  ハンドジューサーで作ったぶどうのジュースに、甘みのシロップはカリブで、酸味はエトナのレモンジュース、これにヘネシーのブランデーを加えてシェイクです。
 広口シャンパングラスにブドウを1個飾り注いでぶどうのカクテルの完成。かなり甘めに作りました。ぶどうの甘みはシロップがいらないくらいですが、ここはスタンダードに作ってみました。

 こちらは定番のフェルネットブランカを切らしてしまったので、最初はヘンドリックスジンのソーダ割りを。久しぶりにひっぱりだしたジンですが、在庫があるのを忘れていました。これで、このボトルも空きました。こちらは続いてジャパニーズの地ウイスキーで、あかしホワイトオークソーダ割りを。こちらも久しぶりに飲みます。最後はタンカレーソーダ割りでこの日はおしまいです。

 ところで、切らしているフェルネットブランカは、最近地元の酒屋には無いため、前回もアマゾンで入手しました。今回もアマゾンで夜中に注文。翌日届くというのは良いですね。連休中に飲めるということです。それにしても、前回のオーダーから、2カ月くらいでボトルが空いたことになります。アマゾンには注文履歴があるのですぐわかります。よく飲みますね(笑。

 翌、16日の日曜日は届いたばかりのフェルネットブランカソーダ割りを。続いて、タンカレーソーダ割りから、あかしホワイトオークソーダ割りを。締めはウンダーベルグソーダ割りにしました。連れは、日本酒のみ。

Cocktail1405  それでは、前週分の一コマ。前回のブログでマティーニのボトル仕込みについて触れていましたが、早速試してみあました。ボトルは合羽橋で買った小瓶。容量120mlです。あまり大きな瓶だと冷凍庫に入らない。
 これにジンはタンカレー、ベルモットはノイリープラッドとドランのシャンベリーをミックスで。冷凍庫に入れて冷やしておきました。これをそのままカクテルグラスに注いでマティーニの完成です!これは便利ですね。また、作り置きしておこう。

 他にもいろいろと飲みましたが1週遅れのアップなので、ここまでにしてきましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

週末のカクテル339

 9月1日の土曜日、9月に入っても30度超えの真夏日ですが、よく行く居酒屋へ行ってから家飲みです。

 まずは、定番コースでフェルネットブランカソーダ割りから。連れもシーバスリーガル18年水割りです。続いて、2杯目もいつもどおり、タンカレーソーダ割りを。

 次の3杯目は変化球!ショートカクテルでマティーニをつくりました。ジンはタンカレー、ベルモットはドランのシャンベリーです。渋谷のThe SG Clubでマティーニ飲んだせいか、なんとなく飲んでみたくなりました。ベルモットはノイリーもあるので、今度はThe SG Clubをまねてベルモットのミックスでもトライしてみますかね。あらかじめ仕込んで冷やす方法で。

 さすがに、最後に度数の高いマティーニを飲むと、水で体のアルコールを薄めるしかありません(笑。これでこの日はおしまいです。やっぱりマティーニは締めで飲むカクテルではないですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

Bar Rocaille

カクテルのお店 その282です。

Cocktail1402  この日、渋谷のバー2軒目は、Bar Rocaille」(バー ロカイユ) です。オーナーバーテンダーは板橋広通 さん。渋谷のアドニスから独立されたそうです。
 そう言えばしばらく行ってないですね・・・アドニス。

 お店のフェイスブックではいつも綺麗なカクテルの写真をアップされているので、以前から気になっていたお店です。こちらのお店もオープンは14時です。板橋さんいわく、写真は昼間に撮るので自然光が良いのではないか、とのことです。ここは是非、外から自然光が入る早い時間に行くのが良いでしょう。

 カクテルは、この後銀座に行く予定だったので1杯のみ、ジントニックをいただきました。とトニックウォーターはフェイバーツリー。良いですね。おいしいカクテルでした。
 次回は、ショートカクテルでもいただきましょう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The SG Club

カクテルのお店 その281です。

Cocktail1399  今回は渋谷のバーを2軒。まずはじめは、The SG Clubです。
 このお店は2017年にTales of the Cocktail: The Spirited Awardsで「International Bartender of the Year」を受賞した世界一のバーテンダー後閑信吾 さんが、満を持して日本に出店されたバーで、2018年6月にオープンしたばかりです。かなり話題となっている店なので行ってみました。あいにく時間が早かったせいか、後閑さんは不在。カクテルをいただいたのは山口さん。(名刺はいただきましたが、外国語仕様なので名前の漢字がわからない・・・)

 お店は1FとB1Fのツーフロア。1Fは、ごくごく飲む「Guzzle」で14時からオープン、B1Fは、ゆっくり飲む「Sip」で18時からオープン。
 バーの詳細はお店のHPを見ていただくとして、この日最初にいただいたのは、ジントニックです。8月の終わり頃ですが、都心は35度超えの猛暑日!最初はGuzzleのコンセプトどおり、ごくごく飲む!ですね。

Cocktail1397 2杯目は、普段、新しいバーではオーダーすることにしているマティーニをいただきました。あらかじめボトルにジンとベルモットを仕込んでおき、ボトルを冷やします。ほとんどボトルから注いで完成ですね。

 混雑するお店で素早くカクテルを提供するには、あらかじめ仕込む方法も考えられます。シンガポールスリングが創作されたラッフルズホテルのバーでは、この有名なカクテルのオーダーが多いので、ボトルにカクテルを仕込んでおいて提供されると、ネットで見た記憶があります。街場のバーではほとんどみられませんが。
 氷を使わなければ水っぽくならないというメリットもあると思いますが、グラスの中の微妙な水気の違いを感じて旨いと感じるとこともあります。どちらが良いとも言えませんね。

 マティーニの味の方は、どこかで飲んだことのある懐かしい味なのですが、微妙に少し違う!何の味だろうと考えながら飲んでいると、山口さんが教えてくれました。ジンはボンベイサファイア、ベルモットはノイリーとドランのシャンベリーのミックスだそうです。謎はこのミックスですね。ジンのミックスは、いろいろと飲んだことがありますが、ベルモットのミックスは初めてです。それぞれ好きなベルモットなので両方とも我が家に置いてあります。もっぱら、ゴードンの時はノイリーで、タンカレーやボンベイの時はドランのシャンベリーを使うことが多いです。
Cocktail1401

 地下のお店はオープン前の時間だったので、ここでは紹介できませんが、手洗いが地下で、その向かいに靴磨きコーナーがあります。これは珍しいので、写真を撮らせていただきました。
 実は、最初にお店に入ったところ知った顔が・・・銀座のY&M Bar KISLINGの鈴木店長でした(笑。
 この後はロカイユですか?と聞かれたのですが、実はまだ行っていないバーです。
 ということで2軒目はロカイユへ。

 次は地下のお店にも行ってみよう。

良かったらバナーを押して下さい。

Bar ブログラ ンキングへ

こちらも押していただけると幸いです。
にほんブログ村 酒ブログ バーへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ | 2018年10月 »